トリプルメディアというマーケティング用語をご存知でしょうか。現代の情報化社会において、トリプルメディア、PESOモデルはとても効果的なマーケティング戦略です。しかし言葉自体は聞いたことがあっても、具体的にどんな内容なのか把握していない方もいるでしょう。そこで今回はトリプルメディアの意味や概要、発展型のPESOモデルについてご紹介していきます。

「トリプルメディア」とは

「トリプルメディア」とは

トリプルメディアとは、企業がマーケティングを実施する上で消費者の接点となる媒体を3つに分類したものです。主に広告業界の用語として広く使われています。

具体的には、以下の3つです。

  • オウンドメディア
  • ペイドメディア
  • アーンドメディア

トリプルメディアという言葉が生まれたのは2009年のこと。インターネット上の広告に関する調査や研究を行う、日本アドバタイザーズ協会のWeb広告研究会が提唱したと言われています。

以前のデジタルメディアは、テレビや新聞などのマスメディアに対立するものとして捉えられていました。しかしトリプルメディアではそうした枠組みにとらわれず、マスメディアもペイドメディアのひとつとして組み込み、3つの媒体によるマーケティングをメディア戦略の基本的な考えとしています。

そしてトリプルメディアでは、それぞれの特徴をもつメディアで連携を図り、相乗効果を狙うことが重要です。

ではまずそこに分類される3つのメディアについて見ていきましょう。

オウンドメディア

オウンドメディアは、自社が保有しているWebサイトやメールマガジンなどの媒体を指します。自社の方針に沿って展開できるメディアなので、自由なコンテンツ制作や柔軟性のある情報発信が可能です。

しかし検索サイトの上位表示を狙う「SEO対策」を意識しなければならないため、読者のニーズに合わせたコンテンツ制作などが必須となります。成果が出るまで時間がかかるので、地道な取り組みが必要になるでしょう。

ペイドメディア

ペイドメディアとは、主に企業がお金を支払って広告を打ち出す媒体のことです。具体的にはテレビや新聞などのマスメディアにおける広告、リスティング広告やバナー広告などのインターネット広告と幅広いメディアを指します。

ペイドメディアの特徴は、専用の広告枠から自社の情報を発信することが可能な点です。例えばテレビCMや検索サイトの上位表示枠、SNSのタイムラインに表示させる枠など、多くのユーザーが目にする場所へ広告を届けられます。

そのため商品やサービスのことを全く知らない潜在顧客に対しても、アプローチをかけることが可能です。さらに費用をかけて様々な広告媒体に露出すれば、より多くのユーザーに周知することができるでしょう。

特に近年では、数多くの人がインターネットを利用しており、SNSの普及率も高まっています。それに伴い、テレビや新聞などのマスメディア広告よりもコストを抑えられるインターネット広告を打ち出す企業が増えている状況です。

オウンドメディアに比べて費用はかかりますが、その分幅広い宣伝効果や素早い情報発信できるのがペイドメディアのメリットになります。

アーンドメディア

アーンドメディアは、口コミや他の媒体などの第三者から拡散された情報でユーザーを獲得するメディアのことです。

例えば自社が情報を発信した後、Twitterで話題になったりまとめサイトに載ったりした二次情報で、読者やファンの獲得につながることがありますよね。アーンドメディアは、そうしたSNSなどの口コミやキュレーションサイト、ニュース記事などのことを指しています。

特徴としては、オウンドメディアやペイドメディアだけではたどり着けない層へ幅広くアプローチできる点です。「友人の口コミから商品やサービスを知った」「好きな芸能人がPRしている商品を買ってみた」など、人づてに聞かなければ知ることがなかったユーザーへ宣伝することが可能です。

ただし発信元が自社ではないことも多いため、情報のコントロールが困難な点もあります。間違った情報を拡散されてしまった場合、自社で訂正しようと思ってもユーザーへ情報が届かないことがあるからです。

またアーンドメディアでは、商品やサービスを利用したユーザーがどんな感想を抱いているか、評判はどうだったのかという意見を把握できます。そしてファンだけではなく、そのフォロワーからの客観的な意見なども取り入れられるメリットもあるのです。

トリプルメディアは古い?“PESOモデル”とは

トリプルメディアは古い?“PESOモデル”とは

以前はトリプルメディアがコンテンツマーケティングにおいて新しい手法として注目されていました。しかし時代の流れにより、トリプルメディアから発展した「PESOモデル」という考え方が生まれたのです。

PESOモデルとは、トリプルメディアをさらに細分化したもの。具体的にはオウンド(Owned)、ペイド(Paid)、アーンド(Earned)の3つに加えて、シェアード(Shared)メディアが追加された考えです。

PPaid Media(ペイドメディア)
EEarned Media(アーンドメディア)
SShared Media(シェアードメディア)
OOwned Media(オウンドメディア)

現在では、このPESOモデルがコンテンツマーケティングを成功させるための戦略として重要視されているといっても過言ではありません。では新しく加えられたシェアードメディアとはなんなのか、どういった活用方法があるのかについてご紹介していきます。

シェアードメディアとは

シェアードメディアとは、SNSなどで投稿される消費者のレビューや口コミなどを媒体として情報が拡散されるメディアのことです。

近年ではTwitterやYouTubeといったソーシャルメディアの普及により、ユーザーから発信される情報量が増え、その拡散力や影響力が注目されつつあります。そこでアーンドメディアに分類されていた「ユーザーによる口コミやSNSの発信」などをシェアードメディアとして分けることで、企業主体のPRやパブリシティ活動と区別したのです。

つまりアーンドメディアでは、報道メディアやニュースサイト、プレスリリースやインフルエンサーマーケティングなどを指し、シェアードメディアではTwitterやYouTubeなどのソーシャルメディア、口コミやまとめサイトなどの共有メディアを表すようになりました。

またシェアードメディアが注目されたこともあり、企業がマーケティン戦略を練る際には、同メディアを意識した広報活動が展開されています。

例えば若者をターゲットとした商品やサービスの宣伝に「Twitterで○万いいね、○万リツイートされました!」といったキャッチコピーを入れるなど。今やSNSで話題になることやトレンドランキングに入ることが、企業にとって大きな宣伝効果へとつなげられるのです。

PESOモデルを活用すべき理由

現代の情報化社会でPESOモデルが重要視される理由には、様々なメディアで相乗効果を狙えることが挙げられます。

例えばオウンドメディアでコンテンツを充実させることにより、商品やサービスの販売促進、ファンの獲得につなげる情報発信が可能です。そして自社の情報をより多くの人に届けるために、ペイドメディアやアーンドメディアを活用します。

優良なコンテンツであれば、自社のファンがSNSなどのシェアードメディアでも積極的に拡散してくれるでしょう。そこからさらに口コミなどで、SNSを利用しない層にも話題が広がるはずです。話題性のある内容なら、ブログやニュースサイトなどのアーンドメディアで再び取り上げられることも。こうして情報拡散の連鎖が引き起こるのです。

ただその一方で、トリプルメディアやPESOモデルにはデマやフェイクニュースも広まりやすいというデメリットが存在します。企業のブランドイメージを落とさないためにも、うかつな発言や行動には気をつける必要があるでしょう。

トリプルメディア、PESOモデルの中心核は“オウンドメディア”

IT業界の発展により、今では企業だけでなく個人までもがメディアを作れる時代となりました。まさに世の中に情報が溢れている現代だからこそ、トリプルメディアやPESOモデルなどの戦略が生まれたのです。

そして今後もこれらのマーケティング戦略を駆使することが、企業の利益につなげる大事な要素となります。具体的には自社サイトでブランドイメージを高めつつ、ペイド、アーンド、シェアードメディアで情報拡散を促す流れです。

もちろんその前提として、自社サイトでコンテンツを充実させることは欠かせません。トリプルメディアやPESOモデルでのコンテンツマーケティングを成功させるためにも、まずはオウンドメディアでのコンテンツ作りに力を注ぎましょう。