パンくずリストは、ユーザーや検索エンジンに対してサイト内のコンテンツの階層を正しく伝える役割があり、内部SEO対策としても大切な要素です。しかし、パンくずリストの設置方法は専門的な知識も必要で難しいと感じることも多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、パンくずリストの設置方法や書き方の注意点などをわかりやすく解説します。

パンくずリストとは

パンくずリスト

パンくずリストとは、閲覧しているページがサイトのどの階層(カテゴリー)に属しているかを示す内部リンクのひとつです。例えば、「HOME > カテゴリー名 > 記事タイトル」のような形でコンテンツ(記事)の上部または下部に設置されます。

パンくずリストはユーザーや検索エンジンのクローラーの利便性を向上させるうえで重要な役割を持っています。

パンくずリストは迷子防止の道しるべ

まず、パンくずリストはユーザーにとってサイトの閲覧のしやすさや情報の探しやすさなどの利便性(ユーザービリティ)を高める役割があります。例えば、「HOME > カテゴリー名 > 記事タイトル」というパンくずリストになっていれば、今見ているコンテンツがどのカテゴリーに属しているかが一目でわかります。

また、パンくずリストをたどって同じカテゴリーの記事にもすぐにアクセスが可能です。パンくずリストがあることで、ユーザーはサイト内を迷うことなく閲覧することができます。

クローラーにもわかりやすく説明するための案内役

パンくずリストは、検索エンジンのクローラーにとってもサイト内の巡回のしやすさ(クローラービリティ)を高める役割があります。GoogleやBingなどの検索エンジンは、クローラーと呼ばれる巡回プログラムを使ってサイト内を巡回し、リンクをたどって新しいページを順次、検索エンジンにインデックス登録します。

パンくずリストが適切に設置されていれば、クローラーが効率的にサイト内を巡回できるため、インデックス登録が促進されます。パンくずリストはユーザーだけでなく、検索エンジンのクローラーにとっても大切な案内役だと言えます。

パンくずリストはどこに設置するのが最適?

パンくずリストはどこに設置するのが最適?

パンくずリストはコンテンツの上部と下部、どちらに設置しても構いません。従来はコンテンツの上部に設置するサイトが多かったですが、最近ではスマホ表示時に上部にあると閲覧の妨げになりやすいため、コンテンツの下部に設置するサイトも増えてきています。

パンくずリストは適切に設置されていることが重要であり、設置場所によってSEOへの影響はないため、上部か下部のいずれかに設置すれば良いです。

パンくずリスト設置時の注意点と書き方

パンくずリスト設置時の注意点と書き方

パンくずリストは、ユーザーや検索エンジンに対して、サイト構造を正しく伝える役割があります。パンくずリストを適切に設置するためには、その前提としてサイト内のカテゴリーがわかりやすく設計されていることが必要です。

例えば、東京の観光に関するサイトなら、「東京の観光地」「東京の祭り」「東京のホテル」など、カテゴリーがわかりやすく分かれており、それぞれのカテゴリーにあったコンテンツがあればユーザーにとってもクローラーにとっても巡回しやすい設計と言えます。

しかし、もし「東京の観光地」の中にさらに「東京の宿泊施設」というコンテンツがあれば、「東京のホテル」というカテゴリーと類似してしまうため、ユーザーはどちらに自分が求めている情報があるのか迷いますし、検索エンジンのクローラーもサイト構造を把握しにくくなります。

万が一、コンテンツの内容が重複してしまうと、「重複コンテンツ」としてペナルティを受け、サイト全体のSEO評価を低下させる恐れもあります。

パンくずリストを適切に設置するためには、事前にカテゴリーの設計についてよく検討しておくべきです。参考として、良いカテゴリーと悪いカテゴリーの事例をご紹介します。

良いカテゴリー設計の事例
カテゴリーとコンテンツの関係がわかりやすい
良いカテゴリー設計の事例

■トップページ「東京の観光地情報サイト」
  カテゴリーA「東京の観光地」
  → コンテンツA1「東京の桜花見のおすすめスポット」
  → コンテンツA2「東京旅行でおすすめの観光地ランキング」
  カテゴリーB「東京の祭り」
  → コンテンツB1「東京都〇〇区の祭り△△△の魅力」
  → コンテンツB2「東京都□□市の祭り×××を体験してみた」
 ⇒ カテゴリーC「東京のホテル」
  → コンテンツC1「東京のビジネスマン向けおすすめのホテル」
  → コンテンツC2「東京のカップル向けおすすめのホテル」

悪いカテゴリー設計の事例
カテゴリーとコンテンツがよく整理されていない
悪いカテゴリー設計の事例

■トップページ「東京の観光地情報サイト」
 ⇒ カテゴリーA「東京の観光地」
  → コンテンツA1「東京の桜花見のおすすめスポット」
  → コンテンツA2「東京旅行におすすめの宿泊施設」
   (他のカテゴリーと重複しやすい)
 ⇒ カテゴリーB「東京の祭り」
  → コンテンツB1「東京都〇〇区の祭り△△△の魅力」
  → コンテンツB2「東京の□□春祭りは桜花見のおすすめスポット」
   (他のカテゴリーと重複しやすい)
 ⇒ カテゴリーC「東京のホテル」
  → コンテンツC1「東京のビジネスマン向けおすすめのホテル」
  → コンテンツC2「東京のカップル向けおすすめのホテル」

カテゴリーを適切に設定しておくと、ユーザーやクローラーはパンくずリストをたどって同一カテゴリー内の関連記事やさらに上位の階層へと効率的にアクセスできるようになります。

パンくずリストはどう書く?どう表示されるのが適切?

パンくずリストの書き方は、カテゴリーと記事タイトルをわかりやすく表記することがポイントです。一般的には以下のような書き方をします。

HOME > カテゴリー名 > 記事タイトル

場合によっては、サブカテゴリ―まで含める場合もあります。

HOME > カテゴリー名 > サブカテゴリ―名 > 記事タイトル

良い書き方は、そのコンテンツがどのカテゴリーの記事か一目でわかるような表記で書くことです。

良いパンくずリストの書き方

HOME > 内部SEO対策 > パンくずリストの書き方と設置方法

悪いパンくずリストの書き方

HOME > サイト > パンくずリストの書き方と設置方法

上記の「良い書き方」だとパンくずリストの記事が内部SEO対策のコンテンツのひとつであることがわかりますが、「悪い書き方」だとカテゴリー名が漠然としていて何の記事なのかよくわかりません。

パンくずリストは、カテゴリー名と記事タイトルの関係性がはっきりとわかるように書きましょう。

WordPressでパンくずリストを設定する方法

WordPressサイトを使用している場合、パンくずリストを設定する方法は主に次の3つがあります。

  • サイト内部に直接コードを記述する
  • WordPressプラグインを導入する
  • パンくずリスト実装済みのWordPressテーマを使用する

サイト内部に直接コードを記述する方法は、プログラミングの専門的な知識が必要になります。慣れていない場合は、専用のプラグインや実装済みWordPressテーマを使う方法がおすすめです。

Breadcrumb NavXT(Wordpressプラグイン)

WordPressプラグインに「Breadcrumb NavXT」というパンくずリストを設定できる有名なプラグインがあります。WordPressの管理画面から「プラグイン」 ⇒ 「新規追加」を開き、「Breadcrumb」というキーワードで検索すると出てきます。

Breadcrumb NavXT

プラグインをインストールして有効化後、以下のコードをWordPressテーマの内部(header.phpなど)のお好みの位置に記述すれば、パンくずリストが表示されます。

<div class=”breadcrumbs” typeof=”BreadcrumbList” vocab=”https://schema.org/”>
   <?php if(function_exists(‘bcn_display’))
    {
        bcn_display();
    }?>
</div>

プラグインを使っても難しい場合は、パンくずリスト実装済みのWordPressテーマを使えば簡単に設置できます。

パンくずリスト導入済みのテーマを使用する

パンくずリストがすでに実装されているWordPressテーマを使用すれば、面倒なコード記述の必要もなくパンくずリストを導入できるので便利です。ただし、パンくずリストにサブカテゴリ―まで含める場合は、使用するWordPressテーマが2階層までのカテゴリー表示に対応しているのかも、事前に確認しておく必要があります。

WordPressテーマによっては、直近のサブカテゴリ―しか表示されない場合もありますので、表示させたい範囲に応じてテーマを選ぶようにしましょう。

ないがしろにできないパンくずリスト

パンくずリストはあまり目立たない要素ですが、ユーザーの利便性や検索エンジンの巡回のしやすさからも、内部SEO対策の観点からも重要です。もちろん、パンくずリストを設置したからといってすぐに劇的な成果が出るとは限りませんが、長期間にわたってサイトを運用すれば、着実にサイトの評価を積み上げることができます。

サイト内にパンくずリストをまだ設置していない場合は、この記事を参考に、適切な設置方法や書き方を覚えて、サイト強化のためにぜひご活用ください。