コンテンツマーケティングは、ITが発達した現代において欠かせない戦略のひとつです。特にオウンドメディアを運営するなら、企業の利益につなげるためにも知っておかなければなりません。
しかし実際何をすればいいのか、どんな方針で進めればいいのかなどピンと来てない方もいるはず。そこで今回は、コンテンツマーケティングの概要やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、情報を必要としているユーザーにとって、価値のあるコンテンツを提供することで読者との関係性を維持し、自社の利益を生み出すマーケティング手法です。

例えば、自社が運営するWebサイト(オウンドメディア)でお役立ち情報を発信する、動画配信サイトやTwitterなどのSNSでユーザーの興味をそそるようなインパクトのある映像を発信するなどが挙げられます。

以前はテレビCMや新聞などのマスメディア広告、インターネットのバナー広告やリスティング広告などが主な宣伝方法でした。しかしITが発達した今、知りたいものや欲しいものの情報を誰でも簡単に入手できるようになり、消費者は広告に頼らずとも自身で欲しい情報を探せます。

そして明らかに宣伝とわかるような広告などでは「見たくもない広告が表示されて鬱陶しい」「毎日たくさんのメールマガジンが送られてくる…」という直接的な売り込みに嫌悪感を抱く方も多いのです。

そこでまずは、商品に見込み客や潜在顧客の興味を引くようなコンテンツで自社を認知してもらう、価値のある情報発信でユーザーを魅了するなど、段階的なプロセスを通すことが重要になります。

こうしたリード獲得や顧客育成の工程を経ることで、最終的な利益につなげられるのがコンテンツマーケティングです。

コンテンツマーケティングの種類

コンテンツマーケティングの種類は取り扱う商品やサービス、作成するコンテンツの内容によって様々です。同じ内容のコンテンツでも、発信する媒体によってユーザーの反響なども変わってきます。

よりコンテンツマーケティングの効果を高めるためにも、適切な媒体や手法で行いましょう。具体的には以下のような種類があります。

コンテンツマーケティングの種類
  • ブログ記事やSNS投稿
  • メールマガジン
  • オウンドメディアでのコンテンツ作成(ホワイトペーパーなど)
  • 動画コンテンツ
  • オンラインセミナー(ウェビナー)

ブログ記事やSNS投稿、メールマガジンなどは、コストを抑えながらも集客を図れるコンテンツです。特にブログ記事はストック型なので、記事を増やすほどサイトやオウンドメディアのコンテンツが充実していきます。

記事が増えればサイト自体の評価も高まり、Googleなどの検索エンジンからの流入も狙えるでしょう。そして充実したコンテンツをさらに広める場として、情報が拡散しやすいSNS投稿を利用します。これにより検索流入以外からも、新たなアクセスが見込みるはずです。

また時間やコストはかかりますが、コンテンツを充実させるという点で言えば商品やサービスの有用性を示せるホワイトペーパーや視覚的に分かりやすい動画制作などが最適と言えます。

そして最近では、見込み顧客との関係性を築くためにオンラインセミナーを活用する例もあるようです。通常だと会場の設営や撤去作業など手間がかかりますが、ネット上で行うことでコストの削減になりますし、遠い地域のユーザーも参加できるなどのメリットがあります。

このようにコンテンツマーケティングは、様々な媒体で展開することが可能です。運用のしやすいやコスト面など、自社の方針に見合った種類を選びましょう。

動画コンテンツが増えている背景

近年、様々な企業がYouTubeといった動画共有サイトにコンテンツを投稿しているのが見受けられます。動画共有サイトだけでなく、自社のオウンドメディアやSNSなどでもショートムービーを発信していることがあるでしょう。

これはテキストベースで情報を伝えるよりも、動画コンテンツの方が情報量を詰め込みやすく、視覚的にもインパクトを与えて話題になりやすいからです。SNSで面白い動画が流れてくると、ついついリツイートや“いいね”をしたくなる方も多いのではないでしょうか。

ここまで動画コンテンツが増えている背景には、動画の制作ツールがこれまでよりも安価になっていることや、スマートフォンで4K動画の撮影・編集を容易にできることが挙げられます。

そして一般の消費者でも、4G回線やWi-Fiでの高速データ通信が可能になった点を忘れてはいけません。動画の視聴には大容量のデータ通信が必要になるため、以前までの3G回線やADSLだと快適に見られないことも多々ありました。

情報の発信者側と受信者側の両方の環境が改善されていることが、動画コンテンツの増加につながっています。

オウンドメディアの必要性

企業がコンテンツマーケティングをする上で、オウンドメディアは非常に重要なものとなります。その大きな理由として記事やホワイトペーパー、動画などの様々なコンテンツを整えられるからです。

YouTubeだと動画投稿がメインですし、SNSだと文字制限などがかかります。しかしオウンドメディアなら、そうした特定の枠組みに縛られることなくコンテンツを設置することが可能です。

さらにオウンドメディアでコンテンツを充実させていれば、SNSなどの他メディアと連携し相乗効果を図れます。検索エンジンやSNSなどの様々な媒体からの流入を狙うことで、より多くのファンを獲得できるはずです。

そしてコンテンツを増やせば、その分オウンドメディアに情報が蓄積されます。最初はPV数が増えず軌道に乗るまで時間やコストがかかるものの、継続していればいずれ企業の資産となるでしょう。

コンテンツとSEOの関係

オウンドメディアなどのWebサイトでコンテンツを制作する際には、SEO(検索エンジン最適化)も意識することが大切です。

なぜならオウンドメディアで集客するには、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに上位表示される必要があるからです。何気なくインターネットで探し物をしているときも、検索結果の2ページ目以降にはなかなか行かないですよね。

こうしたコンテンツ制作をする上でSEOも取り入れた考えを「コンテンツSEO」と言います。特にわかりやすいのが、見出しや文中へ意識的に特定のキーワードを盛り込む記事制作でしょう。

YouTubeなどの動画共有サイトでは、タイトルにキーワードを盛り込んだり動画の内容がわかりやすいサムネを作ったりすることなどが挙げられます。

そして最も重要となるのが、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを作ることです。検索サイト最大手であるGoogleも、基本方針として「ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する」とあります。

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングには、自社のメリットとなる要素が数多くあります。そのひとつ目が、低予算でも事業を始められることです。

例えばオウンドメディアを自社で用意するなら、初期費用で数万円ほど。レンタルサーバーやドメイン代などで年間2万〜3万円程度と少ない出費に抑えられます。それにSNSで発信を始めるにしても、アカウント開設や投稿は無料で行えるため参入しやすいです。

さらに自社に最適な人材がいない場合、外注することでリソースを抑えられることも大きなメリットと言えるでしょう。予算をかけたくないならできるだけ自社で用意する、業務にかかるリソースを削減したいなら外注するなど、状況に応じて作業を進行させられます。

ただメディアの構築や維持を外注すると予算が跳ね上がるため、事前にしっかりと調査した上で、どこの制作会社に依頼するかなどを検討してください。

そしてコンテンツマーケティングでは、幅広い顧客の獲得につながることも大きなメリットです。購買意欲の高い顧客だけでなく、見込み顧客や潜在顧客などにもリーチできます。

そのためすぐに商品の購入につながらなくても、オウンドメディアなどに何度も訪れるようになってくれれば将来的な顧客になる可能性が高いです。質の高いコンテンツを提供し続けることで、ユーザーと継続的な関係性を築きファン層の獲得につながります。

コンテンツマーケティングのデメリット

コンテンツマーケティングのデメリット

メリットだけでなくデメリットも、コンテンツマーケティングには存在します。その最も大きなものとして挙げられるのが「企業の利益や成果につながるまで時間がかかる」ことです。

そして結果が出ない状況が続くと、モチベーションの低下や予算などの理由により事業を継続するのが難しくなります。いくらコンテンツマーケティングの担当者が熱心であっても、上司や経営者を説得しにくく運営を続けられないケースもあるはずです。

そもそも読者にとって価値のあるコンテンツを生み出すというのは、なかなか難しいもの。顧客ニーズの調査や市場の分析などを実施し「ユーザーがどんな情報を求めているのか」といったことを探さなければならないからです。

情報が溢れている今の世の中では、誰でも簡単に知りたい情報を調べられます。だからこそ独自性のあるコンテンツや深い知識を発信できると、コンテンツマーケティングで強みになるはずです。

価値のあるコンテンツマーケティングで読者の心をつかむ

現在では多くのサイトで購買促進につなげる宣伝や広告が貼られており、そうした企業広告にうんざりしている消費者が増えています。そのため広告を出しても、予算やコストに見合った効果が得られにくくなっているのが現状です。

だからこそ、ユーザーにとって価値のある情報などを提供するコンテンツマーケティングに注目が集まっています。そしてコンテンツマーケティングでは、悩みや問題を抱えていたり潜在的なニーズをもった「より購買行動に近いユーザー層」へアプローチすることが可能です。

成果が出るまでに時間はかかりがちですが、しっかりと質の高いコンテンツを提供できれば、読者だけでなく企業にとっても価値の高い資産となります。「オウンドメディアを展開する」「SNSで企業アカウントを取得する」など、気軽に始められることからコンテンツマーケティングを試してみてはいかがでしょうか。