オウンドメディアとは、企業などが自社で保有しているブログやWebサイトのこと。近年では、このオウンドメディアが認知度向上や販売促進につながることで注目を集めています。
しかし実際にどんなことをすればいいのか、どのぐらいの効果があるのかといった疑問をもつ方も多いでしょう。そこで今回はオウンドメディアの概要やメリットデメリット、実際の成功事例などについて詳しくご紹介していきます。

オウンドメディアの意味と目的

オウンドメディアの意味と目的

オウンドメディアとは、直訳すると「所有媒体」という意味です。一般的には、自社が保有しているメディアのことを指しています。

その点からオウンドメディアという言葉は、ビジネスやマーケティングで使われることが多いです。具体的には自社で運用しているブログやサイト、Webマガジンなどが挙げられます。

そもそもオウンドメディアが注目されるようになったのは、インターネットの発達やそれに伴って普及されたSNSなどが理由のひとつです。

例えばFacebookやTwitterなどで、企業が商品やサービスの宣伝をしている場面を見かけたことがある人も多いでしょう。これはテレビやラジオといったマスメディアだけでなく、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを利用した情報発信でも企業のプロモーション活動が実施できるようになったからです。

ただSNSでは、文字数の制限や動画の質が低くなるなどで十分な宣伝ができず、自社の利益につながりにくいこともあります。そこで充実した情報発信や販売促進につなげる方法として、自社のコンテンツをWebサイトで発信できるオウンドメディアが注目されたのです。

オウンドメディアの目的

オウンドメディアでは、WebサイトやWebマガジンなどで充実した情報発信ができます。そのためより多くの消費者に、自社の商品やサービスといったコンテンツを周知させることが可能です。

しかし無作為に情報を発信すればいいというわけではありません。オウンドメディアを運用することで、どんな成果を得たいかをゴールに設定する必要があります。

例えば、

  • 「新規顧客の獲得」
  • 「商品やサービスの販売促進」
  • 「企業のイメージアップ」

などの目的をもって取り組むのが一般的です。

特に顧客との接点作りや関係性の強化、オウンドメディアの読者にとって有益な情報を発信することが必要不可欠と言えるでしょう。

これらの目的は企業によって異なるものの、大まかに「サービスや製品の認知度を高める」と「ファン層を獲得すること」の2つに分けられます。では具体的にどういった内容なのか見ていきましょう。

サービスや製品の認知度を高める

オウンドメディアには、自社の製品やサービスを幅広い顧客層に周知する役割があります。

例えばすでに自社の商品を知っている既存顧客は、広告やSNSなどを見るだけで概要が伝わりやすいです。限られた宣伝方法だけでも、商品の購入やサービスの登録といったCV(コンバージョン)につながります。

しかし新規顧客の場合だと、少ない情報で判断しきれない人も多いです。一旦は興味が湧いていたとしても、顧客側が自主的に調べない限り購入や登録に進まないケースも見受けられます。

そこで活用できるのが、商品やサービスの充実した情報を発信できるオウンドメディアです。広告やSNSから興味をもったユーザーをオウンドメディアに誘導することで、新規顧客の獲得につなげられるでしょう。

特に新規開発された商品や認知度の高くないサービスなら、広告やSNSから自社サイトへの導線を引くことで、興味の湧いたユーザーを取り込める可能性が高くなります。

さらにオウンドメディアを作っておけば、広告やSNSだけでなく検索サイトからの流入も見込めます。GoogleやYahoo!などで上位に表示されるようSEO対策(検索エンジン最適化)を実施することで、自社の商品やサービスを求めている潜在顧客にアプローチすることが可能になるからです。

これらの様々な手法を用いて、商品やサービスの認知度を高めることがオウンドメディアの目的として挙げられます。

さらに深く知ってもらいファンを獲得する

オウンドメディアで伝えられるのは、商品やサービスの詳しい情報だけではありません。自社がどれだけ商品に対して熱意を注いでいるか、多くの人の役に立ってもらいたいという思いなどを発信することが可能です。

そうした普段は見えない内面的な要素をユーザーに知ってもらうことで、ファンを獲得する目的がオウンドメディアにあります。

なぜならファンになってくれた顧客は、「商品を一度購入して終わる」という一時的な関係にとどまらないからです。例えば新商品をリリースした際にはチェックしてくれたり、別の商品にも興味をもってくれたりするようになります。そして商品の購入に至らなくても、サイトへ何度も訪れてくれる可能性が高まるのです。

もちろんリピーターとなってくれるファン層を獲得するには、ユーザーが満足できるようなコンテンツ作りが欠かせません。簡単に築けるような関係性ではないからこそ、工夫を凝らしコストをかける必要があるでしょう。

オウンドメディアには、このように新規顧客をリピーターまでに変化させられるポテンシャルをもっています。

オウンドメディアのメリット

オウンドメディアは、企業に様々なメリットをもたらします。より効果的に運用するためにも、それらの点をよく理解した上でオウンドメディアを立ち上げましょう。

では具体的にどんなメリットがあるのかご紹介していきます。

広告費用を抑える

自社のサイトをもつことにより、わざわざ費用をかけて広告を打ち出す必要が無くなります。これはブログ記事などで検索順位を上げることで、自然とサイトへの流入が狙えるからです。

オウンドメディアで集客したユーザーは、他の集客サイトや商品ページなどに誘導することが可能になります。これにより、リスティング広告などに費用をかける必要が無くなるのです。

もちろん自社サイトを運営するには、サーバー代やドメイン代といった費用がかかるものの、その金額は月額数千円ほど。一方でリスティング広告は月額10万〜50万円程度かかるので、オウンドメディアのほうがコストを抑えられます。

企業イメージと認知度の向上

オウンドメディアでは、豊富な量のコンテンツを提供することができます。商品やサービスの概要を掲載するだけでなく、より深い情報を読者に届けられるのです。

専門性や独自性の高いサイトと認知されることで、企業としてのイメージを確立できます。読者からの信頼や共感を得て、企業の価値を高められるブランディングに取り組むことが可能なのです。

特に初めて商品の購入やサービスの利用に踏み切ろうとするユーザーは、「本当に信用できるものなのか」という疑問をもちます。ですがオウンドメディアで信頼できる企業だと知ってもらえば、これらのハードルを下げることができるのです。

例えば、靴を購入する際にナイキやアディダスといった有名メーカーの商品だと、少なからず安心して買うことができますよね。オウンドメディアによって企業のイメージや認知度の向上を図ることで、成約につながる可能性を高められます。

顧客育成

オウンドメディアから信憑性の高い情報を得ることで、ユーザーは「また見に来よう」と思います。何度もサイトに訪れてくれるようになると、自社に対して愛着や忠誠心(ロイヤリティ)をもってもらえるのです。

こうして顧客のロイヤリティが高まれば、他社の商品よりも優先的に選ぶようになり、商品の定期購入につながるなどのメリットがあります。つまり自社でサイトを運営することは新規ユーザーを集めるだけでなく、顧客ひとりあたりがもたらしてくれる利益を高めてくれるのです。

これをマーケティング用語では「LTV(顧客生涯価値)」と言います。

そして自社と顧客の関係性を強めるには、オウンドメディアによる顧客育成が欠かせません。具体的には専門性や独自性の高い記事を掲載する、顧客のニーズに合わせた情報を発信することで信頼性を高める、などです。

新規から見込み、さらにリピーターとなる顧客の育成を実現するためにも、それぞれのユーザーに合わせた異なるアプローチが必要になってくるでしょう。

特定地域だけでなく全国各地に情報を拡散できる

オウンドメディアはWebという特性上、現実の距離に縛られることなく情報発信できるのも大きなメリットです。インターネットという環境さえ整っていれば、国内全土にPRできます。

そのため、チラシや街頭配布などでは実現できなかった地域やターゲットにビジネスを展開することが可能です。BtoB(企業間取引)であればネットを介して取引できますし、BtoC(消費者向け)にも商品のネット販売などが行えます。

さらにオウンドメディアを多言語対応することにより、海外からの流入も狙えるでしょう。特に最近では観光業や旅行業などが、インバウンド(訪日客)需要を取り込む目的でWebサイトの多言語化を積極的に取り入れているぐらいです。

オウンドメディアのデメリット

オウンドメディアのメリットに注目される一方で、いくつかのデメリットも存在します。自社サイトの運営を軌道に乗せるためにも、きちんとデメリットを把握した上でオウンドメディアの運営に取り組みましょう。

即日成果が出るものではない

オウンドメディアを作ったからといって、すぐに成果が出るわけではありません。様々な記事を更新し、検索サイトに上位表示されるまでにはある程度の時間がかかるものです。

作成した記事も必ず上位表示されるわけではないため、利益につながらないケースがあります。特に検索エンジンでNo.1シェアを誇るGoogleでは、定期的に検索アルゴリズムのアップデートを繰り返しており、年々SEO対策が難しくなっている状況です。

しかし上位検索されない記事やサイトのPV数の少ない記事が、全くの無駄になるというわけではありません。失敗した原因を究明し次のコンテンツ作成に活かすことで、オウンドメディアの改善につながるからです。

そしてオウンドメディアでコンテンツを充実させるには、多くの良質な記事が必要になります。目安としては50〜100記事ほどで、これだけの記事を作るにはある程度の期間を費やすことになるでしょう。

こうして様々な試行錯誤を繰り返しながらコンテンツを充実させていくので、はっきりとした成果が出るまでに時間がかかります。

自社サイトの運営が軌道に乗らないからといってすぐに諦めてはいけません。もともと時間がかかるものと想定した上で、オウンドメディアのコンテンツを作り上げましょう。

運用に手間がかかる

そもそもオウンドメディアは、サイトの立ち上げや運営などにかなりの手間がかかります。例えばサイトの開設時にはドメインやサーバーの取得、記事の量産などが必要不可欠です。その後も、読者のニーズに合った記事を提供し続けなければなりません。

そして良質なコンテンツを生み出すためには企画や編集、記事の作成や校正、サイトへの入稿など様々な工程を行う必要もあります。さらにライターのスケジュール管理や外注など、細分化すればキリがありません。

記事を公開した後も効果測定やフィードバックを実施し、改善を繰り返してコンテンツを充実させていきます。こうした多くの業務が発生するため、運用にはかなりの手間がかかるのです。

オウンドメディア事業がとん挫しないよう、運用計画や構想についてはしっかりと練った上で開始することをおすすめします。

なぜ今“オウンドメディア”なのか

なぜ今“オウンドメディア”なのか

今ではパソコンやスマホを持っていれば、様々な情報をインターネットから得られる時代になりました。これはSNSの普及により、企業や広告代理店だけでなく一般的なユーザーすらもブログやTwitterなどで簡単に情報発信できる状態になったからです。

しかし以前よりも格段に情報量が増えたことで、企業が打ち出す広告の宣伝効果が低下してしまいました。中には誤情報が拡散されてしまい、ユーザーに間違った認識を植えつけてしまうことも問題として挙げられています。

そこで注目されたのが、企業自らが情報発信するオウンドメディアです。オウンドメディアであれば、信憑性の高い情報が掲載されているのはもちろんのこと、気になった商品やサービスの購入への導線を引きやすくなります。

1からドメインやサーバーを取得したりリスティング広告を打ち出したりするより企業サイト中でコンテンツを育てたほうが、費用対効果が高い傾向にあることも理由のひとつです。

宣伝活動に対するコスパが良く、かつユーザーに対する利便性の高さが注目され、今では多くの企業がオウンドメディアを運営するようになったのです。

オウンドメディアから購入に至るまでに必要なものとは

オウンドメディアから購入に至るまでに必要なものとは

オウンドメディアを運用する目的は企業によって様々ですが、基本的には商品の購入やサービスへの登録などが主なものです。では一体どんなことを実施すれば、企業の利益につなげられるのでしょうか。

ここからはオウンドメディアから購入につなげるために必要なものについて具体的にご紹介していきます。

コラムやブログ

いきなりユーザーに製品の購入やサービスの登録を促しても、なかなか上手くいかないもの。そのためまずはユーザーとの関係性を深めることが重要です。

具体的には企業が提供している製品やサービスの紹介記事はもちろんのこと、ユーザーのニーズに沿ったお悩み解決系の記事や実体験を語るコラムなどが挙げられます。

例えばユーザーがオウンドメディアにたどり着く主な経緯には、自分の知識だけでは分からない、解決できない問題に直面したときが多いです。その後「他に同じような問題で困っている人はいないかな」「その人はどうやって解決したのか」ということを調べようとします。

そして実際に問題を解決できる記事を見つけられると、ユーザーは「このサイトの情報は有益だからブックマークしておこう」と思ってくれるはずです。つまりお役立ちコンテンツがあれば、ユーザーの再訪につなげられるのです。

またサイトのテーマに沿った体験談や失敗談などをコラム記事にすることで、自社の製品やサービスを利用しているユーザーからの共感を得られます。記事が面白いと思ってもらえれば、定期的な読者を獲得できるでしょう。

これらのコンテンツを充実させるためには、100記事以上を目標にコツコツと更新して行くことが重要です。

最初から豊富なコンテンツを用意できるに越したことはないですが、最初から100記事揃えるのは困難ですし、途中で挫けてしまう可能性もあります。継続できるペースで、オウンドメディアの運営に取り組みましょう。

会社概要

製品やサービスに興味をもってくれたお客様の中には、「提供している会社はどんなとこなんだろう」と思う方もいます。特にインターネットの情報は信頼性を得にくいので、商品のレビューや販売会社などを参考にする人も多いからです。

そのためあまり購入への導線をつなげられないからといって会社概要のページが手抜きだと、せっかく訪れたユーザーが離れてしまうことも。お客様にも見られる部分だとしっかり認識した上で、会社概要を制作しましょう。

具体的には、

  • 資本金や事業内容などの企業規模がわかる基本的な事項
  • 企業理念やキャッチフレーズなどの熱意が伝わること
  • ISO9001といった品質保証になるもの

などが挙げられます。

サービスサイトや購入ページへの導線

製品の購入につなげるためには、適度な導線を引くことも重要です。なぜならトップページや商品紹介ページといった場所からしか購入ページへアクセスできないと、たどり着けない方もいるからです。

過度な催促はユーザーが煩わしく感じて逆効果になりますが、一方でなかなか購入ページが見つからないのも興味が失せる要因になります。

インターネットを使い慣れている人なら、それでも問題ありません。しかし普段はあまり利用しないネットリテラシーの低い人もいるはずです。そのためページ上部のヘッダーや下部のフッター、サイドメニューなどから購入ページへ飛べるようにするなど、ユーザーに配慮した設計を心がけることも大切だと言えるでしょう。

オウンドメディアの事例

オウンドメディアを始めるにあたって、他の企業の成功事例を見ることで学べるものも多いです。そして良い部分や参考になる部分は、積極的に取り入れてみるのも良いでしょう。

ここからはBtoBとBtoC向けの代表的なオウンドメディアの事例についてご紹介していきます。

ソーシャルメディアラボ

ソーシャルメディアラボは、SNSコンサルティングやマーケティング支援を展開する株式会社ガイアックスのオウンドメディアです。主にBtoB向けのソーシャルメディア活用法や運用法についての記事を公開しており、お手本のようなお役立ち系記事となっています。

特にトレンドの移り変わりが激しいSNS業界では、最新の情報を常に求めている人も多いです。そうした顧客のニーズに対応した記事をコンスタントに公開することで、多くの問い合わせを獲得し売上アップにつなげています。

Watashi+

Watashi+は、化粧品大手の資生堂が運営しているオウンドメディアです。このサイトでは、美容に関するお役立ち情報やお悩み解決系の記事などをBtoC向けに発信しています。

さらに記事だけではなく、肌の悩みに関する質問に答えると最適な商品を提案してくれる「ビューティーチェック」や肌を綺麗に見せる色選びができる「カラーセレクト」などのコンテンツを用意。商品を探す手間を省くことにより利便性を高めています。

質の高いコンテンツを豊富に用意することでSEOに強い設計となっており、検索サイトからの流入も十分に見込める設計になっているのです。

さらに自社が運営するECサイトへの導線を設置するなど、大手ブランドの強みを最大限に活用してオウンドメディアを運用しています。これにより資生堂WebサイトのPV数は、月間平均で約500万を誇ります。

オウンドメディアの成功はブランディングにかかっている

オウンドメディアは、企業の発展に欠かせない媒体として注目されています。自社の製品やサービスの宣伝などの広告から、企業のイメージアップやファン層の獲得など幅広い利益につながることでしょう。

そしてオウンドメディアを成功させるためには、ユーザーの求めているものをしっかりと把握し良質なコンテンツを豊富に用意することが重要です。

ただし最初からクオリティの高い記事や、読者の興味を引くコンテンツを生み出すことは難しいもの。だからこそ何がダメだったのか分析や改善を繰り返し、ユーザーのニーズに沿ったコンテンツに仕上げていく必要があります。

成功すれば企業に大きな利益をもたらしてくれる可能性があるため、ぜひオウンドメディアの運営に力を入れてみてはいかがでしょうか。