「SEOキーワードの選び方が重要と言われるけど、正直よくわからない…」そんな悩みを解決するために、「SEOキーワードの選び方と選定後のコンテンツへの活用ポイント」をまとめてみました。オウンドメディアやブログで集客する秘訣は、SEOキーワードとコンテンツの質にあります。ユーザーに喜ばれ、上位表示できるコンテンツの作り方をご紹介します。

SEOキーワードを意識したコンテンツ作りの重要性

SEOキーワードを意識したコンテンツ作りの重要性

SEOキーワードとは、オウンドメディアやブログなどのコンテンツを検索結果に上位表示させ、自社の利益につながるユーザーを検索経由で集客するためのキーワードのことです。

どんなによいコンテンツを書いても、検索結果に表示されず、ユーザーに読まれないコンテンツはWeb上に存在しないのと同じです。ユーザーに読まれないサイトは、いわば「客の来ない店舗」のようなものです。いくら商品(コンテンツ)がよくても、客(ユーザー)が来なければ、その店舗(サイト)は成功できません。

Web上には、無数のコンテンツが存在します。その中から、あなたのコンテンツが読まれるためには、ユーザーに選ばれる必要があります。そのために重要なのが、SEOキーワードです。SEOキーワードは、そのコンテンツが何について書かれているのかをユーザーにも、検索エンジンにも適切に知らせる大切な役割があります。

SEOキーワードの選び方

SEOキーワードの選び方

それでは、さっそくSEOキーワードの選び方について、次の3つのステップでご説明します。

Step1.思い浮かぶキーワードを出してみる

ステップ1では、思い浮かぶキーワードを片っ端から出してみましょう。あなたのサイトのテーマや紹介したい商品・サービスに関するキーワードを思いつく限り、書き出してみてください。まずは、数個~10個ぐらい出せるとよいでしょう。

Step2.思いついたキーワードで検索する

ステップ2では、ステップ1で思いついたキーワードで実際に検索をしてみましょう。検索結果を見ることで、あなたのサイトにあったキーワードなのかどうかを判断することができます。

例えば、BtoBでセミナー(研修)事業を手がける会社の場合、以下のようなキーワードなどが出てきます。

  • セミナー
  • セミナー 企画
  • セミナー 相場
  • セミナー コツ

これらのキーワードで実際に検索してみると、次のような検索結果が表示されます。

キーワード検索結果
セミナー地域のセミナー開催情報などをまとめた掲示板サイト
セミナー 企画セミナーの企画・運営のノウハウを紹介しているサイト
セミナー 相場セミナーの相場を紹介しているサイト
セミナー コツセミナー成功のコツを紹介しているサイト

このように見ると、「セミナー」だけではなく、「セミナー 〇〇」というキーワードの方が集客向けに適しているSEOキーワードであることがわかります。

なお、キーワードを検索するときは、通常のブラウザ画面ではなく、「シークレットウィンドウ(シークレットモード)」で検索すると、より正確な検索結果を得ることができます。

シークレットウィンドウ(シークレットモード)とは

シークレットウィンドウ(シークレットモード)とは、Google Chromeの機能の一つで、個人の閲覧履歴やCookieのデータ、フォームに入力した情報、Webサイトのログイン情報などを保存せずに閲覧できるブラウザ画面のことです。

Google Chrome シークレットウィンドウ

パソコンで検索する場合、Google Chromeの右上にある「Google Chrome の設定」を開いて、「シークレット ウィンドウを開く」をクリックすると使用できます。

シークレットウィンドウを開く
シークレットウィンドウを開く

通常のブラウザでは、個人の閲覧履歴などをもとにパーソナライズされた検索結果が表示されますが、シークレットウィンドウ(シークレットモード)では個人の閲覧履歴の影響を受けないため、より客観的かつ正確な検索結果を得ることができます。

Step3.キーワード候補を絞る

ステップで3は、SEOキーワードを具体的に決めていきましょう。ステップ2までで得られたキーワードをヒントに、さらに複合キーワード(2語以上からなるキーワード)などを調べて、検索上位を狙えそうなキーワードを絞り込んでいきましょう。

SEOキーワードの絞り込みには、Google AdwordsのキーワードプランナーやUbersuggest(ウーバーサジェスト)などの無料ツールがおすすめです。

Google Adwordsキーワードプランナー

Google Adwordsキーワードプランナー
Google Adwordsキーワードプランナー
https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

Google Adwordsキーワードプランナーとは、Google Adwords(Google広告)が提供している無料のキーワードリサーチツールのことです。

キーワードプランナーにアクセスして、「新しいキーワードを見つける」に調べたいキーワードを入力すると、関連性の高いキーワードの月間平均検索ボリュームや競合性などが調べられます。

例えば、「セミナー 企画」で調べてみると、以下のようなキーワードなどが見つかります。

キーワードプランナーの表示例
キーワードプランナーの表示例

このようなキーワードの中から、検索ボリュームがあり、かつ競合が少ないキーワードを絞り込んでいくと、上位表示できる可能性があります。

無料で使用可能ですが、検索ボリュームの細かい数値は表示されず、「10~100」のように大雑把な数値となります。正確な数値は広告を運用していれば表示される仕組みです。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)も、無料でSEOキーワードを調査できる高機能なリサーチツールです。

Ubersuggestのトップページからキーワードを検索すると、関連するキーワードの月間平均検索ボリュームやSEO難易度(競合の多さ)などが調べられます。例えば、「セミナー 企画」で調べてみると、以下のような関連キーワードなどが見つかります。

Ubersuggest 表示例
Ubersuggest 表示例

キーワードプランナーに比べると、関連キーワードを取得できる幅がやや小さい傾向にありますが、詳細な検索ボリュームを調べられるのがメリットです。キーワードプランナーでは、広告を出稿している有料アカウントしか詳細な検索ボリュームが調べられませんが、Ubersuggestでは無料で知ることができます。

さらに、キーワードの詳細を見ると、そのキーワードの検索上位10サイトのタイトルや検索流入見込み、被リンク数、ドメインスコア(サイトの強みをさまざまな要素から分析したスコア)、SNSシェア数などもわかります。このように、Ubersuggestを使うと、さまざまなキーワードチェックが可能です。

ただし、Ubersuggestでは通常、検索上位10個のキーワードしかチェックできない仕様になっており、10位以下のキーワードを調べるためには、Googleアカウントでのログインが必要です。Googleアカウントとの紐づけが気にならないという方は、Ubersuggestを活用してもよいでしょう。

ビッグキーワード、ロングテールキーワード、どちらを選ぶべき?

検索ボリュームが多い1語のキーワードのことを「ビッグキーワード」、検索ボリュームが少ない3語以上のキーワードのことを「ロングテールキーワード」と呼びます。一般的に、ビッグキーワードは競合が多く、検索上位を狙うことが難しいとされ、始めたばかりのサイトではまずロングテールキーワードでの上位表示を狙うことが推奨されています。

ロングテールキーワードは、競合が少ないだけではなく、ターゲットが絞り込まれているため、コンバーションにもつながりやすいというメリットがあります。さらに、ロングテールキーワードで複数の記事が上位表示されるようになると、サイト全体のSEO評価も高まるため、ビッグキーワードでの検索順位も底上げされます。

このように、ロングテールキーワードでのSEO対策が、ビッグキーワード対策にもつながるため、まずはロングテールキーワードでの上位表示を目指しましょう。

ロングテールキーワードを効率よく探すためには、以下のような方法もおすすめです。

サジェストキーワード

サジェストキーワードは、検索エンジンにキーワードを入力したときに、自動的に表示される検索候補キーワードのことです。「よく検索されているキーワード」として検索エンジンが提案してくるもので、一定の検索ニーズがあります。

Google サジェスト表示例
Google サジェスト表示例

キーワードを1語入力するだけで、2語以上の複合キーワードを表示してくれるので、手っ取り早くロングテールキーワードを探せます。

関連キーワード

関連キーワードは、検索エンジンでキーワードを検索したときに、検索結果の下部に表示される関連性の高いキーワードのことです。サジェストキーワードと関連キーワードは似ていますが、表示されるキーワードに少し違いがあります。

例えば、「セミナー 相場」とキーワードを入力すると、それぞれ以下のようなキーワードが表示されます。

Google サジェストキーワード表示例
Google サジェストキーワード表示例
関連キーワード表示例
関連キーワード表示例

サジェストキーワードはあくまでも入力したキーワードに他のキーワードを付加したものが出てきますが、関連キーワードでは入力したキーワードと別のキーワードが出てきたりもします。

これは、関連キーワードは入力したキーワードに関してトレンドのあるキーワードが表示される仕組みになっているからです。サジェストキーワードでは見つからないロングテールキーワードを探すのに役立ちます。

ユーザーの「知りたい」に強い「ラッコキーワード」

「ラッコキーワード」は、Google検索エンジンのサジェストキーワード(Googleサジェスト)に加えて、教えて!goo やYahoo!知恵袋などのQ&Aサイトからも一気に関連キーワードを取得してくれる無料ツールです。

例えば、「セミナー 企画」と入力したら、40個のGoogleサジェスト(ロングテールキーワード)と、60件のQ&Aサイトのコンテンツがすぐに見つかります。特に、Q&Aサイトでは、検索エンジンだけではわからないユーザーニーズも把握できるため、ユーザー視点のコンテンツ作成にも生かせます。

ラッコキーワード表示例
ラッコキーワード表示例

トレンドキーワードの選定は「Googleトレンド」参照

季節によって需要が変わるキーワードや話題性の高いトレンドキーワードの選定には「Googleトレンド」を参照するのもよいでしょう。Googleトレンドでキーワードを検索すると、そのキーワードが過去1年間、どのような傾向で検索されているのかがわかります。

例えば、「セミナー」というキーワードを調べてみると、季節を問わずコンスタントに検索されていますが、年末年始やGWなどの連休期間は急激に検索数が落ちていることがわかります。また、新型コロナウィルスの影響か、2020年2月以降はやや検索数が減少傾向にあります。

Googleトレンド表示例
Googleトレンド表示例

このように、そのキーワードのトレンドを把握するためのツールがGoogleトレンドです。検索数の少ないロングテールキーワードだとデータが表示されないこともありますが、トレンド性の高いキーワードであれば使ってみるとよいでしょう。

検索ボリューム

検索ボリュームが多いキーワードほど、ユーザーの検索需要も高く、上位表示できれば膨大なアクセスを集めることができます。

しかし、検索ボリュームが1万以上のビッグキーワードは、すでに競合が多く、新規サイトによる上位表示は簡単ではないでしょう。かといって、検索ボリュームが極端に少ないロングテールキーワードを選んでしまうと、ほとんど検索されずに終わってしまう可能性もあります。

つまり、狙うSEOキーワードの検索ボリュームは、多すぎても少なすぎてもダメなのです。目安としては、月間平均検索ボリュームが1,000前後のキーワードになります。

キーワードプランナーの「検索のボリュームと予測のデータを確認する」に、収集したロングテールキーワードを入力して調べてみましょう。

「過去の指標」を選択し、「月間平均検索ボリューム」をクリックすると、検索ボリュームが多い順にキーワードが表示されます。その中から、検索ボリュームが100~1,000または1,000~1万程度のキーワードを選ぶようにしましょう。

キーワードの競合性

キーワードプランナーを使うと、キーワードの競合性(広告を出稿するときの競合状況)が「高」「中」「低」の3段階で判定されます。この競合性が高いほど、SEO対策における競合性も高いとされています。キーワード選定では、競合性が「低」または「中」のキーワードを選ぶようにしましょう。

検索ボリュームが1,000前後あり、競合性が「低」のロングテールキーワードは比較的上位表示が狙えるキーワードです。そのようなキーワードを「お宝キーワード」と呼ぶこともあります。

避けたほうがよいとされるキーワード

Googleは検索エンジンのアルゴリズムを定期的に変更し、ユーザーに役立つ有益なコンテンツをより高く評価するように改善しています。現在、その影響を受け、避けたほうがよいとされているキーワードは、YMYL関連のキーワードです。

YMYLは「Your Money or Your Life」の略で、「個人の幸福・健康・経済・安全性などに将来大きな影響を及ぼす可能性があるコンテンツ」のことです。

以下の7つのジャンルがYMYLだとされています。

ニュース・時事問題国際問題・ビジネス・政治・科学などの重要なトピックに関するニュース
法律・公的サービス投票・離婚・養子縁組・遺言・その他の社会サービスなど
金融投資・ローン・保険など
ショッピングネットショッピング・決済や返品に関する情報など
健康・安全医療・薬物・病院など
人々のグループ人種・民族・宗教・障害・年齢・国籍など
その他フィットネス・栄養・住居・大学選択・就職など

このようなジャンルでは、E-A-T(専門性・権威性・信頼性)が最も重要視されており、専門家の監修などが必須とされています。E-A-Tの認められないコンテンツは検索順位を大きく落とし、サイト全体の評価も下がります。YMYL関連のキーワードはできるだけ避けるようにしましょう。

SEOキーワードを活用したコンテンツ作りのポイント

SEOキーワードを活用したコンテンツ作りのポイント

上位表示が狙えるSEOキーワード(ロングテールキーワード)は見つかりましたか? キーワード選定ができたら、それを活用したコンテンツ作りに進んでいきましょう。ここでは、効果的なコンテンツ作成に欠かせな6つのポイントについてご説明します。

上位表示されているサイトの調査

まず、SEOキーワードの検索結果に表示される上位10サイトをリサーチしましょう。タイトルや見出しのつけ方、コンテンツの構成、独自の切り口、見やすさなど、参考になる情報はすべてチェックします。

上位サイトの内容を踏まえたうえで、ユーザーの「知りたい」「解決したい」という検索意図を満たすために、さらに改善できる点を考えてみましょう。古い情報は最新の情報に更新するなど、競合サイトより一歩質の高いコンテンツづくりを意識することが大切です。

記事のタイトルのつけ方

記事タイトルは、検索流入を増やすために最も重要です。ユーザーは記事タイトルを見て、その記事を読むかどうかを判断します。タイトルのつけ方次第で、ユーザーのクリック率も大きく変わります。

記事タイトルのポイントは、以下の3つです。

  • ユーザーが検索したキーワードが含まれているかどうか
  • キーワードはできるだけタイトルの先頭近くに含める
  • ユーザーが読みたいと思う魅力的なタイトルかどうか

記事タイトルには、ユーザーが検索したキーワードが含まれていることが大前提です。それに加え、たくさんの記事の中から、「この記事を読んでみたい」「この記事に自分が求める答えがありそうだ」と思ってもらえる魅力的なタイトルであることが大切です。

記事タイトルの文字数は、パソコンの検索結果だと28~32文字以内、スマートフォンの検索結果だと30~40文字前後まで表示されます。パソコン・スマートフォンを問わず、ユーザーに読んでもらいたいキーワードはできるだけ32文字以内におさめるようにしましょう。

導入文(ディスクリプション)

導入文(ディスクリプション)は、記事タイトルと合わせ、検索結果に表示される重要な要素です。ユーザーに「この記事の内容は何であるのか」を適切に伝える役割があります。

導入文のポイントは、以下の3つです。

  • 記事タイトルとの一貫性があるか(タイトルの誇張はNG)
  • 記事の内容や要点がわかりやすくまとめられているか
  • ユーザーの興味・関心を引き付ける文章であるか

導入文の文字数は、パソコン表示だと120文字前後、スマートフォン表示だと50文字前後になるので、最も伝えたいことは最初に書くことをおすすめします。

記事の見出し

記事の見出しを適切に配置することは、ユーザーにとっても、検索エンジンにとっても、記事の構成をわかりやすく伝えるために大切なことです。

記事の見出しのポイントは、以下の3つです。

  • 見出しにもキーワードを含める(関連キーワードを盛り込む)
  • 見出しだけで記事の内容がわかるように工夫する
  • 見出しの順番を守る(H2見出し、H3見出し、H4見出し…)

例えば、「セミナー 企画」というSEOキーワードでコンテンツを書いた場合、以下のような見出しにするとよいでしょう。

記事タイトル 「東京都のセミナー企画会社3選」

H2見出し 東京都のセミナー企画会社でおすすめは?

 H3見出し 1.〇〇〇〇株式会社

 H3見出し 2.□□□□株式会社

 H3見出し 3.△△△△株式会社

H2見出し 東京都のセミナーの相場はいくら?

H2見出し セミナーを成功させるコツとは?

これらの見出しの中には「セミナー 企画会社 おすすめ」「セミナー 相場」「セミナー コツ」といった、複合キーワードを含めています。この複合キーワードが意外と検索結果に引っかかったりもするので、見出しは丁寧につけるようにしましょう。

本文

本文はコンテンツのコア(核)に当たる部分です。狙ったSEOキーワードで上位表示できる質の高いコンテンツを作成するためには、ユーザーの「知りたい」「悩みや疑問を解決したい」に、徹底したユーザー視点で答えてあげることがポイントです。

ユーザーの「知りたい」にまず答える

ユーザーの知りたいことに、いかに答えられるかがコンテンツ作りで最も重要です。Web上にあるコンテンツの中には、ユーザーが検索キーワードで求めていることと、コンテンツの中身にズレがある場合があります。

例えば、よくあるのが、「セミナー 企画 会社」と調べたときに、コンテンツの最初に「そもそもセミナーの企画会社を利用するメリットとは?」などが長々と説明されて、その後に肝心の「セミナー企画会社」の情報が書かれていたりするものです。

これでは、本当に知りたいことまでたどり着くのに手間がかかり、ユーザーにとって不親切なコンテンツになってしまいます。

このような場合は、まず「セミナーの企画・運営でおすすめの会社」を紹介してあげると、ユーザーからも喜ばれ、キーワードにマッチした内容になるので検索エンジンにも評価されやすくなります。

ユーザーに「読んでよかった」という体験を提供する

ユーザーが知りたいことはもちろん、そのユーザーがほかにも知っておいた方がよい情報までまとめられたコンテンツは、さまざまな内容を網羅でき、ユーザーの満足度をさらに高めるコンテンツになります。

例えば、「セミナー 企画 会社」と検索したユーザーは、次のような潜在ニーズもある可能性があります。

  • セミナー企画会社に外注するときの費用や相場を知りたい
  • セミナー企画会社に外注して成果が上がったという事例を知りたい
  • セミナーをなんとしても成功させて社内の評価を上げたい
  • セミナーで社員のやる気を引き出してサービスの質を高めたい

このようなユーザーの潜在ニーズや検索心理まで理解できると、よりコンテンツに厚みが出て、他サイトとの差別化にもつながります。

また、このようなコンテンツはSEOキーワードだけではなく、関連キーワードや共起語などが本文中に適切に含まれるようになります。その結果、さまざまなキーワードに関する情報が網羅されたコンテンツとなるので、検索エンジンからも高く評価され、検索順位のアップにもつながります。

共起語とは

共起語とは、あるキーワードに対して関連性が強く、一緒に用いられる頻度が高いキーワードのことです。例えば、「セミナー 企画」の場合、次のようなキーワードが共起語になります。

  • プロ
  • 会議
  • ビジネス
  • 提案
  • 講師

共起語はすべてがコンテンツに使えるキーワードとは限りません。しかし、これらの共起語を上手く盛り込んでいくことで、多様なキーワードを網羅したコンテンツを作成することができます。

記事作成がゴールではなく作成後も手直しを

SEOキーワードを活用したコンテンツ作成は、記事ができたらそこで終わりではありません。コンテンツの公開後も、継続したメンテナンスが必要です。

Googleの検索アルゴリズムは日々変化し、ユーザーのニーズも移り変わります。安定した上位表示を維持していくためには、ユーザーの検索キーワードに合わせて、コンテンツを定期的に見直すことが求められます。

実際に検索されているキーワードを記事タイトルや見出し、本文などに盛り込んでいくことで、さらにユーザーの検索意図に応えるコンテンツにブラッシュアップすることが可能です。

ユーザーの「知りたい」「なぜ?」を満たすコンテンツ作りを

この記事では、SEOキーワードの選び方から、キーワード選定後のコンテンツへの活用のポイントについて解説しました。これらの方法を実践すれば、あなたの書いたコンテンツが検索上位に表示されることも十分可能です。

SEOで大切なポイントは、ユーザーの「知りたい」「なぜ?」を満たすコンテンツを作成することです。この記事を参考に、SEOキーワードを使った正しいコンテンツの作り方をぜひマスターしてください。