オウンドメディアを運営するにあたって、アクセス数をアップさせるためにSEO対策は必須です。多くの人は主要なキーワードの対策は行っていますが、それだけでは競合と差が付きません。
ここで重要となるのが、サジェストキーワードです。この記事では、サジェストキーワードの特徴や、サジェストキーワードを取得するために役立つツールについて解説します。

サジェストキーワードとは

サジェストキーワードとは

サジェストキーワードとは、Googleなどの検索エンジンにキーワードを入力した際に自動で表示される、検索候補となるキーワードです。サジェスト(Suggest)とは、「提案する」という意味です。

検索キーワード入力時にサジェストキーワードが表示されることによって、ユーザー側の入力の手間が省け、ページを絞り込む際のキーワード候補となるなど、検索エンジンの利便性が高められます。

サジェストキーワードは、検索を行う際に多くのユーザーが利用します。そのため、サジェストキーワード意識したコンテンツ制作を行うことで、SEO対策としての効果を高めることができます。

Googleの場合、サジェストキーワードは、入力した検索キーワードや過去の関連する検索、他のユーザーの検索キーワードを基に表示されます。そのため検索するたびにサジェストキーワードは変化し、ユーザーによって表示されるキーワードも異なります。

SEO効果を高めるためにも、サジェストキーワードが表示される仕組みをしっかり理解した上で、どのようなキーワードが特に検索されているか把握することが重要です。

「関連キーワード」との違い

関連キーワードとは、何かのキーワードで検索を行った際に検索結果画面の下部に表示されるキーワードのことです。例えばGoogleの場合、「他のキーワード」として、検索したキーワードに関連キーワードを追加したキーワードが表示されます。

関連キーワードとサジェストキーワードの違い
関連キーワードとサジェストキーワードの違い

サジェストキーワードは検索する人の検索行動などで変化するのに対し、関連キーワードはアルゴリズムによって自動生成されます。具体的には、他のユーザーが過去に検索した頻度や、Web上での人気トピックに関連した予測などによるものです。

サジェストキーワードに比べて関連キーワードは自分自身の検索キーワードは反映されない、Web上のトレンドが強く影響するといった特徴があります。また、サジェストキーワードと関連キーワードは必ずしも一致するとは限らず、関連キーワードの中には検索したキーワードが含まれない場合もあります。

サジェストキーワードを無料で取得できるおすすめツール

サジェストキーワードを無料で取得できるおすすめツール

SEO対策として重要なサジェストキーワードですが、都度キーワードを検索エンジンに入力していては非常に手間がかかり、刻々と変化するサジェストキーワードのトレンドを把握しづらいです。

そこで、効率よくサジェストキーワードを取得できるツールを活用しましょう。ここでは、以下の4つの無料で使えるおすすめツールを紹介します。

  • Googleキーワードプランナー
  • goodkeyword
  • ラッコキーワード
  • OMUSUBI

それぞれについて詳しくみてみましょう。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Google広告のオプションツールで、対象キーワードの想定検索ボリュームやトレンドの推移、関連キーワードの抽出などができます。自社の商品やサービスに関するキーワードを入力すれば、関連するキーワードが抽出されるため、手軽にサジェストキーワードを取得することができます。

キーワードプランナーの表示例
キーワードプランナーの表示例

さらに、そのキーワードの検索頻度や検索数の推移を確認することで、サジェストキーワードのトレンドを把握することも可能です。

Googleキーワードプランナーを利用するにはGoogle広告にユーザー登録する必要がありますが、Google広告を出稿していなくとも利用可能です。一部有料の機能もありますが、サジェストキーワードの取得であれば無料の機能だけで問題ありません。

goodkeyword(グッドキーワード)

goodkeywordとは、キーワード選定に特化した無料ツールです。

前述のGoogleキーワードプランナーはGoogle広告用に様々なキーワードデータが取得できますが、goodkeywordではシンプルにサジェストキーワードの抽出と検索ワードの検索ボリュームのみになっています。

goodkeyword表示例
goodkeyword表示例

goodkeywordにアクセスすると画面中央にテキストボックスが表示され、調べたいキーワードを入力するとサジェストキーワードを取得することができます。調べる際に、GoogleやBing、楽天など、検索エンジンを指定することも可能です。

検索ボリュームの推移も調べることができるため、手軽にサジェストキーワードをチェックしたい際におすすめのツールといえます。

ラッコキーワード(旧:関連キーワードツール( 仮名・β版 ))

ラッコキーワードとは、2012年にリリースされた「関連キーワードツール( 仮名・β版 )」をリニューアルする形で開発された無料のキーワードリサーチツールです。goodkeyword同様、シンプルなUIで手軽に調べることができる上、サジェストを50音順でカテゴライズしてくれるため詳細に調べることができます。

ラッコキーワード表示例
ラッコキーワード表示例

GoogleやBingのほか、YouTubeやGoogle動画などの検索結果ごとに表示可能なのも使いやすいポイントです。

なお、無料会員登録をしないと1日20回までしか検索できないため、ラッコキーワードを活用したい場合は会員登録しておきましょう。

OMUSUBI(おむすび)

OMUSUBIとは、関連するキーワードを視覚的に調べることができる無料のキーワードマップツールです。

画面右上部に調べたいキーワードを入れ検索すると、サジェストキーワードがマインドマップのようにマッピングされて表示されます。表示されたマップはドラッグで移動、スクロールで拡大縮小できるうえ、表示されたキーワードをダブルクリックするとそのキーワードに絞って再検索できます。

関連性が最も高いサジェストは黄色で表示され、サジェストが多い場合は複数層にわたってカテゴライズされるため、俯瞰してサジェストを調べられることでキーワードの関係性が非常にわかりやすいです。

調査対象となる検索エンジンは、GoogleやBingに加え、YouTubeやAmazon、Wikipediaなどにも対応しており、ユーザーの行動に合わせたサジェストの調査ができるようになっています。

サジェストキーワード一括ダウンロードツール

サジェストキーワード一括ダウンロードツール

上記のようなツールでサジェストキーワードを抽出しても、それをひとつひとつ手作業でコピペしていては非常に時間がかかってしまいます。

Googleキーワードプランナーでもダウンロードは可能ですが、一括ダウンロード専門にサービスを提供しているサイトもありますので紹介します。

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

グーグルサジェストキーワード一括DLツールでは、サジェスト候補を一括でCSVデータとしてダウンロードできるサイトです。

サイト中央部にあるテキストボックスにキーワードを入力して検索すると、キーワード候補一覧としてページに表示され、中央の「CSV取得」ボタンをクリックすることでCSVデータが保存されます。ダウンロードできるのはGoogleだけでなく、YouTubeやAmazonのサジェストにも対応しています。

注意点として、グーグルサジェストキーワード一括DLツールは、一つひとつのキーワードがどれくらい検索されているかはわかりません。あくまでキーワードを一括でダウンロードするためのツールなので、検索キーワードとサジェストとの関連性や検索ボリュームについては、Googleキーワードプランナーを確認しましょう。

なお、会員以外の検索回数は1日1回までとなります。

サジェストキーワードを適切に活用して質の高いコンテンツの提供を

今回は、サジェストキーワードの特徴や、サジェストキーワードを効率よく取得するためのツールの活用方法について紹介しました。

ユーザーがWeb上で検索する際にサジェストキーワードを目にする頻度は高いため、SEOの観点からもサジェストキーワードは非常に重要なものです。サジェストキーワードをうまく活用し、質の高いコンテンツの提供を実現してください。