TwitterなどのSNSなどが普及している今では、誰でも簡単に自分の文章を発信できる時代です。オウンドメディアやブログなどで記事を作成することも多く、仕事として文章を書く機会が増えていることでしょう。
つまりプライベートやビジネスなどの様々なシーンで、文章力が重要になっているのです。そこで今回は、文章力を身に付ける方法や参考となる書籍などについて解説していきます。

文章力とは

文章力とは

これまで文章を書くということは、書籍や小説、新聞や雑誌、広告などの紙媒体が主なものでした。しかし現在ではオウンドメディアやブログ、SNSなどのWeb媒体でも文章を書く機会が増えています。

このように様々なプラットフォームがある今、文章の書き方やセオリーなどは媒体によって異なるもの。一概に「文章力とはこういうものだ」ということを説明するのは難しいのです。

ただし一般的に文章力とは、「読み手にとってわかりやすく理解しやすい文章を書く力」になります。特に不特定多数に向けて情報を発信するWebコンテンツでは、重要なポイントと言えるでしょう。

例えば、オウンドメディアやSNSなどがあります。これらの媒体では不特定多数のユーザーが無料で気軽に閲覧できるため、読みづらかったり内容が理解できなかったりするだけで、すぐに読者が離脱してしまいがちです。

そのため「物事の説明や自分の考え、意見などをわかりやすく相手に伝えられるか」ということがWebコンテンツの文章力と言えるでしょう。「人に読まれる文章」を書く力があれば、結果としてPV数やいいね、リツイートなどのエンゲージメント率などに反映されます。

文章力をつける方法

文章力をつける方法

誰でも理解しやすく、内容がわかりやすい文章を書くことは意外と難しいものです。では具体的にどうすれば、文章力をつけることができるのでしょうか。

ここからは文章力を高める様々な方法についてご紹介していきます。

本や新聞を読み、わからない単語は調べる

文章を書く上で最も参考になるのは、文章力のある記事や本を読むことにあります。なぜなら話題になっている書籍や売れている本は、それだけ万人に受け入れられており、理解しやすい内容となっていることが多いからです。

新聞の記事やコラムなども、何年も文章を執筆しているプロの手によるものなので参考になることがたくさんあります。

例えば個人の意見を述べる場合、その主張に対する根拠や具体例がしっかりと提示されており、説得力が高められています。そして客観的なデータや専門家による証言などが付け加えられることで、より裏付けのある文章となっているのです。

特に新聞などのメディアでは、数多く入ってくる情報を毎日のように取り扱っています。事実をわかりやすく伝える文章力や膨大な情報量を一面にまとめる構成力などは、読んでいるだけでも参考となるでしょう。

また自分自身が執筆するテーマに対して理解をもっておかなければ、そもそもわかりやすい文章を書くことはできません。なんとなく使っている単語や、いまひとつ把握していない内容があるなら、自分で使い方や意味をしっかりと調べて知識を補完しておく必要があります。

毎日欠かさずに文章を書く

いくら上手い文章を書ける人でも、最初から文章力がある方はほとんどいません。様々な執筆経験を経て、自分なりの完成された文章を書けるようになるものです。

つまり文章力を鍛えるには、毎日少しずつでも文章を書く習慣をつけることが重要と言えます。定期的に行うことで、頭で考えていることをスムーズに文章として変換することが可能になるはずです。

そして後から見直せるよう、GoogleドキュメントやEvernoteなどのテキストファイルに残しておくことをおすすめします。SNS投稿といった他人にも文章を見える形にすることで、気を引きしめて執筆に臨めるでしょう。

また文章が無駄に長くなりがちな人は、新聞や本の内容を短くまとめることで、要約した文章を書く良い練習になります。

書き方を変えてみる

いつまで経っても文章力が向上しないと感じる方は、そもそも書き方が間違っているのかもしれません。一度自分の書き方を見直し、改善することも重要になります。

その際には、すでに先人が開発した「読みやすい文章の型」を参考にするのがおすすめです。では具体的にどういったものがあるのか見ていきましょう。

PREP(プレップ)法

PREP法は、コピーライティングやプレゼンテーションなどのビジネス文章で最も定番の雛形です。具体的には、

  1. 結論(Point)
  2. 理由(Reason)
  3. 具体例(Example)
  4. 結論(Point)

の順番で文章を構成していく方法になります。

PREP法では、はじめに「結論」を述べることで読者の関心を惹き、文章に入り込みやすくします。次にその結論に至った「理由や背景」などを説明し、読者が「なるほど」と思うような根拠を示すのです。

そして具体例を交えることで、先ほど述べた理由の説得力を高めます。これにより、今までの説明でいまひとつピンと来ていなかった読者の疑問も解消させることが可能です。

最後にもう一度「結論」を述べることで、理由や根拠を把握した読者が納得する形で文章を読み終えられます。

このPREP法に沿って文章を作成すると、シンプルかつ論理的な話にまとめやすいです。前置きや無駄な言い回しを抑えやすいので、読んでいる方を飽きさせません。

さらに結論を中心として文章を展開するため、話の主旨がブレにくく、読者にとって読みやすい文章を書けます。特に要点が定まらず、何を伝えたいのかわからない文章になりがちな方におすすめの書き方です。

ピラミッドストラクチャー

ピラミッドストラクチャーとは、伝えたい主張や結論を適切に説明するための手法です。主に論理的な文章を作成するのに向いているでしょう。

具体的には「結論や主張」を頂点におき、その下に枝分かれした「理由」をいくつも並べます。例えば「オウンドメディアの導入が自社の利益になる」ということを結論に据えると、

  • 「新規顧客の獲得を狙える」
  • 「広告費を抑えられる」
  • 「商品やサービスの価値を伝えやすい」

などの理由を示すことが可能です。

さらにこれらの理由を裏付けるデータや根拠を付け加えることで、より説得力が高くなります。例えば「新規顧客を狙える」では、「検索流入やSNSなどの新しいルートから集客を行える」ことが挙げられるでしょう。

こちらもPREP法と同様に、「結論」「理由」「根拠」で構成された文章の形です。ただし理由や根拠を広く展開しやすいので、結論に至るまでの説明をより洗練できる印象となります。

第三者に文章を読んでもらう

自分が書いた文章というのは、なかなか客観的に見ることができません。なぜならその文章で伝えたいことを自分はすでに知っており、内容もほとんど把握した前提で読むからです。

そのため、自分では気づけない読みにくい部分などを探す際には、第三者に自分の文章を読んでもらうことも重要です。より客観的な視点から文章を読んでもらうことにより、きちんと記事の内容や主張が他人に伝わっているのかを確認できます。

特に日頃から趣味や仕事で物書きをしている文章力の高い人がいれば、記事の構成や細かい言い回しまで気づいてくれるので、新たな改善点を見つけやすいでしょう。

文章の推敲のみを外部のライターに依頼し、修正内容を参考にするというのもひとつの手段として挙げられます。

情報の入手先にも注意

文章を書く際には、自分の知らない物事について執筆することもあるでしょう。そこで注意したいのが、参照した情報がどれだけ信頼できるかということ。もし事実と異なる情報を元に書いてしまった場合、自分の書いた文章も間違っています。

そのため、何かを参照して文章を書く際には、できるだけ一次情報を元に文章を書くことが重要です。一次情報とは、噂や本に書いてある話ではなく、元となるオリジナルの情報を指します。

例えば、本人が直接的な体験から得た情報や自ら考えた考察、自身が行なった調査や実験の結果などです。これらの情報は、書籍や他のメディアでは手に入らない非常に価値のある情報となります。

こうした一次情報を並べるだけでも、読者にとっては価値のある文章となるものです。もちろん一次情報の入手には手間や費用などがかかるため、本やニュースなどの二次情報を参照することもあるでしょう。

その際にはただただ二次情報を羅列するのではなく、様々なところから集めた情報を組み合わせて考察するなどの工夫を凝らし、新たな価値を見出すことが大切です。

文章力を上げたいときに読む本

文章力を上げたいときに読む本

文章力を効率よく上げたいのであれば、書籍で学ぶことをおすすめします。なぜなら基本的に書籍は、文章についてのプロが執筆し出版元の編集者による推敲などが入っているから。本の内容はもちろんのこと、書いてある文章そのものも参考にできるでしょう。

では文章力を上げたいときに読むおすすめの本について、ご紹介していきます。

文章の書き方 会得の12ポイント

「文章の書き方 会得の12ポイント」は、著者である酒井憲一氏が自身の様々な経験をもとに編み出した文章の書き方を紹介している書籍です。具体的には12つのポイントに絞った役立つ手法を解説しており、比較的スラスラと読みやすい本になります。

文章の書き方 会得の12ポイント

Amazon参考価格 1,000円

著者は朝日新聞のジャーナリストやコラムニストなど、文章の執筆や編集に関わる経歴を持つため、わかりやすく読みやすい文章であることは間違いなしです。1997年に出版された本なので、中古品なら非常に安く入手できるなどのメリットもあります。

いますぐ書け、の文章法

「いますぐ書け、の文章法」は、著者の堀井憲一郎氏がフリーライターとして活動した経験や編集ライター講座の講師経験などを実例に挙げながら、文章の書き方を解説した書籍です。

いますぐ書け、の文章法

Amazon参考価格 880円

美しい日本語を作るのではなく、あくまで読み手が興味を惹くような文章になることを目指しているのがポイント。「他人に読まれる文章」をとことん突き詰めた非常に実用的な内容となっています。

SNSでも文章力アップのヒントが得られます

SNSでも文章力アップのヒントが得られます

近年では、情報収集の手段としてSNSも活用できる時代になっています。特にTwitterでは、プロのライターや編集者が文章の書き方について要点をまとめ、読みやすい文章を作るための推敲技術などを紹介していることも多いです。

もちろんどの情報が正しくて役に立つかは、ある程度自分で精査する必要があります。そうした情報の取捨選択も、文章を構成する上で必要なリサーチ力を高めることにつながるはずです。

様々な情報がネットに溢れている今では、Twitterなどの個人が発信できる媒体からも文章力アップのヒントを得られます。さらなる文章力の向上を行うためにも、常に貪欲に情報収集を行いましょう。

文章力を高めるには読み手の視点に立つことも重要

一言で文章力といっても書籍や論文、ニュースやオウンドメディアなどの媒体によって最適な書き方は変わってきます。しかし基本的にどの媒体でも共通して言えるのは、読者にとってわかりやすく読みやすい文章ほど、好まれる可能性が高いということです。

そうした読まれる文章を書くために、ここでご紹介した方法以外にも、日頃から新聞やニュースなどに目を通してみましょう。なぜなら、自分が読者側に立つことで理解できることも多々あるからです。

「この文章は参考になる」「今度書くときに取り入れてみよう」と、自身の文章力向上の参考になるでしょう。通勤時や仕事の休憩時などのちょっとした隙間時間を利用すれば、より効率的に学ぶことができるはずです。