Webサイトを運営していると、サブドメインやサブディレクトリという単語を目にする機会があるはずです。これらはサイト作りやSEO対策で活用できるため、知っておいて損はありません。
では一体どんな場合に、これらのドメインが利用できるのでしょうか。今回はサブドメインの使い方からメリット・デメリット、サブディレクトリとの違いなどについて解説していきます。

サブドメインとは

サブドメインとは

そもそもドメインとは、Webサイトの住所のような役割を果たしており、「〜〜〜.com」などのURLで表示されるものです。

ドメインがないと、インターネットから該当のWebサイトにアクセスすることすらできません。そのためWebサイトを公開する際には、レンタルサーバーと同時に独自ドメインを取得するのが一般的です。

そしてサブドメインは、その独自ドメインから派生させて作った別のURLです。

通常、ひとつのWebサイトを運営する際には、独自ドメインひとつで事足ります。しかしメインサイトと関連しつつも異なるテーマや役割を持つコンテンツを作るなら、別のドメインを取得することでサイトを区分けするものです。

そうした複数のドメインを運用する際には、取得する手間やコストを抑えられるサブドメインを利用することがあります。主に独自ドメインのURLの前に「○○○.〜〜〜.com」などの文字列を挿入したのがサブドメインです。

サブドメインとサブディレクトリの違い

サブドメインと似たような役割を持っているものに、サブディレクトリが挙げられます。具体的には、サブドメインが元ドメインの前に文字列を挿入するなら、サブディレクトリは後に文字列を挿入するドメインです。

ドメインexample.jp
サブドメインsubdomain.example.jp
サブディレクトリexample.jp/subdirectory

サブディレクトリは、メインサイトの下層に設置するWebサイトです。そのため、メインサイトに関連のあるコンテンツなどを区分けする際に利用します。

例えば、“価格.com”のような商品レビュー・ランキングサイトの場合、パソコンやスマホ、家電などのジャンル毎にサブディレクトリを用いて区分けすることが可能です。

価格.comの例
パソコンhttps://kakaku.com/pc/
家電https://kakaku.com/kaden/
生活雑貨https://kakaku.com/houseware/

一方でサブドメインは、検索サイト“Yahoo!”のようにショッピングやオークション、ニュースといった異なる趣旨のサービスを展開する際に活用できるでしょう。

Yahoo!の例
ショッピングhttps://shopping.yahoo.co.jp/
ニュースhttps://news.yahoo.co.jp/
ゲームhttps://games.yahoo.co.jp/

つまり、テーマや目的の異なる新しいWebサイトを作成する際にはサブドメインを、メインサイトと関連性の高いコンテンツを作成する場合にはサブディレクトリ、というふうに使い分けられます。

サブドメインはSEOにどう影響する?

サブドメインはSEOにどう影響する?

そもそもサブドメインは、メインで利用しているドメインと別サイト扱いになります。つまりサブドメインのサイト評価が、メインサイトのSEO(検索エンジン最適化)に直接影響するわけではありません。

逆にいえばサブドメインで何らかのペナルティを受けても、メインサイトへの悪影響にはならないというわけです。これがメインサイトの下層へ設置するサブディレクトリの場合、メインサイトの一部として扱われるのでSEOにも影響があるものとなります。

ただしサブドメインとサブディレクトリでは、どちらかがSEO的に優れているというものではありません。適切な使い方をすれば、どちらの方法でもユーザビリティの向上に役立てることは可能です。

2017年にYouTubeへ投稿されたGoogleの見解でも、「サブドメインをサーチコンソールに読み込ませるのはあくまで形式的なもの」「サブドメイン・サブディレクトリに優劣はなく、最も適した方法を利用することが大切」と述べています。

Subdomain or subfolder, which is better for SEO?|YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=uJGDyAN9g-g

SEOについては、評価する側のGoogleが明確な基準を明言しているわけではありません。今後のアップデート次第で、状況が変わってくることも十分にあり得ます。特にGoogleは定期的にSEOに関するアップデートを実施しているため、常にアンテナを張って最新の情報を仕入れておくことが大切です。

サブドメインのメリット・デメリットと使い方

サブドメインのメリット・デメリットと使い方

サブドメインは、別サイトを立ち上げるなどの用途で利用されることが判明しました。ただ、具体的にどんなメリットやデメリットがあるのかを把握することも重要です。でなければサブドメインの活用方法も見えてきません。

ここからはサブドメインのメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

サブドメインのメリット

サブドメインを利用する最も大きなメリットといえば、SEOによるペナルティをメインサイトが受けないことです。というのも、SEO対策では同一サイト内に全く関連性のないコンテンツを複数作るのはよくないとされています。

なぜなら「読者が○○の情報を知りたくてサイトに訪れたのに、他のページは△△の情報ばかり」となると、ページ単体で評価されてもサイト全体としては一貫性が崩れてしまい価値が下がってしまうからです。

そんなときにテーマや趣旨の異なるコンテンツをサブドメインで展開すれば、運営元が同じながらも別サイト扱いとなり、メインサイトの一貫性を保てます。そして本ドメインと紐づいていることから、サブドメインで作成したサイトの評価が高まれば、自然とブランディングにも有利に働くでしょう。

また新規サイトを立ち上げる際に、わざわざ別の独自ドメイン契約をする必要がないのもサブドメインのメリットと言えます。通常、独自ドメインは年間契約で数千円ほどの費用がかかりますが、サブドメインだと無料で作成できるサーバーも多いです。

サブドメインを利用することで費用を最小限に抑えられるため、新規サイトの展開を行いやすくなります。

サブドメインのデメリット

サブドメインでWebサイトを構築する場合、コンテンツをいちから充実させることになります、それに別サイトとしてサーバーやCMSの設定、Googleアナリティクスへの登録など様々な準備が必要です。

つまりWebサイト自体が機能し企業の利益になるまでには、いちからWebサイトを立ち上げるほどではないものの、ある程度の時間がかかるデメリットがあります。

そして管理するWebサイトの数が増えることになり、その分担当者への負担となるでしょう。もし担当者の業務が追いつかず複数のサイトを管理しきれないなら、別サイトとして展開するメリットがありません。

いくつものサブドメインを利用するのであれば、人材のリソースについても合わせて検討する必要があります。

サブドメインの使い方

サブドメインでは、元のドメインと様々な面で区別した新規サイトを立ち上げられるため、メインサイトとテーマや趣旨の違うコンテンツを立ち上げる際に利用できます。

例えばオウンドメディアの場合、自社の概要や取り扱っている商品・サービスに関する記事などはメインサイト、商品の販売などを行うECサイトをサブドメインにするといった使い方が可能です。

ただし本ドメインと全く関連性のないサイトだと、サブドメインで作るメリットはほとんどありません。それなら別の独自ドメインを取得し、完全に別物として取り扱ったほうがユーザーも困らないはずです。

別サイトを展開する際にサブドメインを利用するか悩んでいるのなら、まずはユーザー側の視点に立って検討すると良いでしょう。

サブディレクトリのメリット・デメリットと使い方

サブディレクトリのメリット・デメリットと使い方

一方のサブディレクトリは、メインサイトの補助的な役割を果たすドメインです。ではどんなときに利用するのが最も適しているのでしょうか。具体的なメリットやデメリットと合わせて解説していきます。

サブディレクトリのメリット

本ドメインと同一サイトで設定するサブディレクトリの場合、設置したコンテンツがそのままメインサイトの情報量として蓄積されます。特にオウンドメディアなどで複数のコンテンツが乱立している際に、サブディレクトリを用いて整理することが可能です。

これがユーザーにとって見やすくなりコンテンツ自体も評価されれば、サイト全体の価値が高まりSEO対策となります。

またサブドメインと違い、面倒な準備や設定を行う必要がない点もメリット。メインサイトと関連性の高い新規コンテンツを作りたい場合、スムーズに立ち上げられるでしょう。

サブディレクトリのデメリット

本ドメインと同一サイトで展開している点で、サブディレクトリは良くも悪くも影響してきます。例えば、SEOの影響やペナルティなどです。サブディレクトリによるサイトが、メインサイトと関連性が高く価値のあるコンテンツとなっていれば、SEO効果が期待できます。

しかし全く関連性のないコンテンツや他のサイトからのコピペ記事などを設置してしまうと、サブディレクトリだけでなくメインサイトの評価も下がるのです。つまりメインサイト同様、ユーザーにとって価値のあるコンテンツ作り出さなければ、サブディレクトリを活用する意味合いも薄くなります。

また2019年にアップデートされたGoogleのアルゴリズムでは、同じドメインからのページは検索結果に2ページまでしか反映されないよう変更がありました。

これはメインサイトと同じ扱いにあるサブディレクトリも同様になります。要するに、すでにメインサイトで検索結果に表示されているキーワードを、サブディレクトリで狙う意味が薄くなったのです。

サブディレクトリの使い方

サブディレクトリは、基本的に本ドメインと同じテーマや関連性の高いコンテンツを設置するサイトに使用します。例えば販売系なら商品のジャンル毎に分ける、ブログならテーマ毎に記事を分けるなどの使い方です。

より深掘りしたい内容や細分化したい趣旨があるときなどに、利用しやすいドメインと言えるでしょう。

またオウンドメディアの場合、英語や中国語などの多言語対応したサイトをサブディレクトリで分ける方法もあります。観光や旅行系のサイトで、インバウンド対応させる際に活用できるでしょう。

サブドメインとサブディレクトリの適切な使い分けを

サブドメインやサブディレクトリは、オウンドメディアやブログを立ち上げたばかりで利用することは少ないかもしれません。なぜなら規模が小さいのに、わざわざコンテンツを分散させる意味があまりなく、SEO的にもメリットがないからです。

しかしWebサイトを運営していると、規模が大きくなるにつれて様々なコンテンツを取り扱うようになります。コンテンツが多いとサイト自体が乱雑になりがちなので、ユーザーにとって見やすいサイト作りを心がけることも重要です。

具体的には、新規のテーマや趣旨でサイトを立ち上げるならサブドメイン、関連性の高いコンテンツを追加するならサブディレクトリなどで使い分けること。これらのドメインを適切に活用することで、ユーザビリティの向上を狙いましょう。