noindexはWebページの検索エンジンへのインデックスを最適化し、サイト全体のSEO評価を底上げできる重要なSEO対策のひとつです。しかし、noindexタグの書き方や使い方はよくわからない方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、noindexタグの基礎知識から活用方法までをわかりやすく解説します。この記事を読んで、noindexの使い方をぜひ習得してください。

noindexタグとは

noindexタグとは

noindexタグとは、サイト内のページが検索結果に表示されないようにするために使うメタタグ(HTMLタグ)のことです。

通常、検索エンジンの「クローラー」と呼ばれるプログラムがページを巡回し、検索エンジンにインデックス登録することで、検索結果にもページが表示されるようになります。このとき、クローラーがページをインデックス登録するかどうかを判断する指標がメタタグ(noindexタグ)です。

noindexタグがない通常のページはインデックス登録され、検索結果にも表示されます。一方、noindexタグを挿入したページは、クローラーによるインデックス登録が実行されないため、検索結果にも表示されません。noindexタグは、ページのインデックス登録を最適化する役割があり、不要なページを検索結果から削除できるため、SEO対策のひとつとして活用されています。

noindexタグの書き方

noindexタグは、HTMLの<head>~</head>の間に挿入します。タグの書き方は、検索エンジン全体からインデックスを除外する場合と、Google検索からのみ除外する場合で、それぞれ異なります。

検索エンジン全体からインデックスを除外する場合は、以下のメタタグを挿入します。

<meta name=”robots” content=”noindex”>

Google検索からのみ除外する場合は、以下のメタタグを挿入します。

<meta name=”googlebot” content=”noindex”>

noindexタグはサイトの全ページに設置すると、すべてのページが検索結果から除外されてしまいます。必ず、インデックス登録したくないページのみに挿入してください。

noindexタグの使い方

noindexタグの使い方

noindexタグは、質の低いページや古いページ、クローラーによる巡回・情報収集(クロール)が必要のないページのインデックス登録を回避したいときに有効です。具体的には以下のようなページに使われます。

質の低いページに設置して全体の整理を

質の低いページは、サイト全体のSEO評価を下げてしまう可能性があるため、noindexタグを設置することをおすすめします。例えば、同一サイト内の重複コンテンツに当たるページやコンテンツの中身がほとんどないページなどが該当します。

noindexタグを挿入することで、質の低いページを検索結果から除外できるため、サイト全体のSEO評価が高められる効果があります。特に、大量のページを抱える大規模サイトは類似するページが混在しやすいため、代表的なページ以外にはnoindexタグを設置すると良いです。

代表的なページのみをインデックス登録することで、ページが検索エンジンからも高く評価されるようになり、サイト全体のSEO評価も改善できます。

古い記事に設定

情報が古いページや記事を公開してから数年が経過してアクセスがほとんどないページなども、noindexタグを設置しておきましょう。

新しいページと古いページが混在していると、検索結果には両方のページが表示されます。しかし、検索結果に表示されるページ数は同一ドメインからは原則2ページまでとされています。新しいページをより検索結果の上位に表示させるためには、古いページにnoindexタグを設置しておくと良いです。

クロールが必要ないページに設置

クロールが必要ないページにもnoindexタグを設置しておきましょう。例えば、タグページやエラー(404)ページ、サイトマップ、お問い合わせの完了ページなどが該当します。

これらのページは、サイトの利便性を保つためには必要なページです。しかし、SEO対策から見て重要なコンテンツが含まれているわけでもなければ、検索結果に表示させる必要性もありません。そのため、noindexに設定することが望ましいです。

そのほか、制作途中のサイトやテストページなどもnoindexを設定しておくと、検索結果に編集途中のページが表示されないので便利です。サイトやページの公開後にnoindexタグを削除すれば、検索結果にも表示されるようになります。

このように、noindexタグは、サイト全体のSEO評価を高めたい場合と、余計なページを検索結果に表示させたくない場合に有効なメタタグ設定と言えます。

noindexタグ設置時の注意

noindexタグ設置時の注意

noindexタグを設置するときには、いくつかの注意点があります。まず、タグを設置したページが検索結果に表示されなくなるため、検索流入が減少する恐れがあることです。しかし、これはサイト全体のSEO評価を高めていくひとつの過程であるため、過度に心配する必要はありません。

たしかに、noindexタグを設置すると、一時的に検索流入は減ります。しかし、noindex設定によって質の低いページが検索エンジンから除外されると、インデックス登録しているページの検索順位が上昇します。その結果、サイト全体の検索流入は次第に増加傾向に変わります。

実際に私も、大量のタグページやエラーページをnoindexにした結果、一時的に検索流入は減りましたが、半年~1年間程度でサイト全体の検索流入が増加に転じた体験があります。このように、noindexは正しく使用すれば、SEO対策として一定の効果が期待できます。

それでは、noindexタグを正しく使用するためには、何に気をつけなければならないのでしょうか。ここでは、以下の2つの注意事項をお伝えします。

noindexタグを設置しても巡回は完全に止められない

ひとつめは、noindexタグを設置してもクローラーの巡回は止められないということです。あくまでも、検索エンジンへのインデックス登録を除外するもので、クローラーの巡回は完全には止められません。

また、noindexタグは設置後、次にクローラーが来たタイミングで反映されるため、ページが検索結果から完全に除外されるまでには多少の時間がかかります。

クローラーの巡回を完全に止めたい場合は、robot.txtを設定する必要があります。しかし、robot.txtはクローラーのアクセスを完全に制限するため、使い方には注意が必要です。robot.txtとnoindexの違いをよく理解しておかないと、思わぬ影響を受けてしまう可能性もあります。

例えば、同一ページに、robot.txtとnoindexの両方が設定されていた場合、クローラーは先にrobot.txtだけを読み込んで、「このページは巡回しない」と判断するため、noindexタグは読み込まれないことになります。

もし、noindexタグを設置してから次のクローラーが来るまでの間にrobot.txtを設定してしまうと、クローラーはrobot.txtだけを読み込み、巡回をやめてしまいます。その結果、noindexタグはいつまで経っても認識されず、検索結果からもページを除外できないことになります。

このように、robot.txtとnoindexは使い分けが難しいため、併用はできる限り避けてください。また、robot.txtを使う場合は、必要性を考えたうえで慎重に設定しましょう。

noindexタグは多用しない

ふたつめは、noindexタグは多用しすぎてはいけないということです。質の低いページが多くあるからといって、ページの大半にnoindexタグを追加すると、インデックス登録できるページそのものが激減することになります。

そもそも、インデックス登録されたページが少なければ、サイトのSEO評価も上がりません。低品質なページが多い場合は、根本的にサイトのコンテンツの中身を見直す必要があるでしょう。

noindexタグの確認方法

noindexタグの確認方法

noindexタグがきちんと設置できているかどうかは、Googleサーチコンソールで確認できます。

Googleサーチコンソールでnoindexタグを確認する方法
  1. Googleサーチコンソールにログインします。
  2. 左のメニュー内の「ガバレッジ」をクリックします。
  3. 「除外」という項目をクリックします。
  4. 「詳細」に表示される「noindex タグによって除外されました」をクリックすると、noindexタグが設置できているページが確認できます。

noindexでインデックス最適化とともに質の高いコンテンツを

noindexタグによるインデックス最適化は、メインコンテンツページの検索順位を上昇させ、サイト全体のSEO評価も高める効果があります。しかし、noindex設定は、検索エンジンに与える影響も大きいため、不要なページやインデックス登録を除外したいページのみに絞って使用することが大切です。

SEOの本質は、質の高いコンテンツをより多くインデックス登録して、いかに検索上位を狙うかにあります。noindexを設定して満足せずに、さらにコンテンツ作成にも力を入れることで相乗効果を生み出しましょう。