現在、インターネットを活用したWeb集客に注目が集まっています。なぜならインターネットには情報を発信できる媒体が数多くあり、様々な年齢層や属性を持ったユーザーにアプローチできるからです。
では具体的にどんな種類や方法があるのでしょうか。今回はWeb集客の種類から、メリット・デメリットなどについて解説していきます。

Web集客にはどんな方法がある?

Web集客にはどんな方法がある?

インターネットの発達した現代では、Webで集客する手段が数多くあります。そのため自社の商品や目的に合った方法を活用すれば、より多くの顧客を呼び込むことが可能です。

しかしその一方で、数多くあるWeb集客の中からどれを利用するのがいいかわからない方もいるはず。自社にマッチした方法を確立するためにも、まずはWeb集客の特徴やメリットデメリットについて知ることから始めましょう。

Web広告

Web広告は、インターネットの至るところで見かけます。例えば個人ブログや大手メディアなどのWebサイトから、YouTubeなどの動画配信サイトやSNSなど様々です。

しかしそれらの広告は、全て同じものという訳ではありません。それぞれ特徴や仕組み、形態などが異なります。では具体的にどんな種類の広告があるのか見ていきましょう。

リスティング広告

リスティング広告とは、料金を支払うことで検索サイトの結果画面に表示できる広告のことです。場所は上部や下部など多数の枠があり、評価や金額に応じて決められます。

掲載先となるのは、広告サービスを提供しているGoogleとYahoo!の2種類。他の媒体でも同様のサービスはありますが、基本的に「Google広告」と「Yahoo!広告」が日本でほとんどのシェアを占めています。

またリスティング広告は、通常の検索結果よりも上位表示を狙えるのがメリット。SEO対策でコツコツ検索順位を高めるよりも即席での集客効果が見込めるのです。

さらにキーワード毎に広告を出稿できるため、購買意欲やキーワードに対する興味関心の強いユーザーにアプローチをかけられます。少額予算での運用も可能なので、誰でも気軽に始めやすい点もメリットといえるでしょう。

ただしデメリットもいくつかあります。例えば、キーワードの検索ボリューム(検索する人の母数)が少ないと、アプローチできるユーザー数が限られてくる、という点です。

そしてタイトル上部に「広告」という表示が入るため、プロモーションであることが分かりやすいというデメリットも。特に近年のユーザーはネットリテラシーが高く、明らかに広告とわかるようなサイトへのアクセスは避ける傾向にあります。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、リスティング広告と同様に費用を支払うことでWebサイト上に表示させられる広告です。こちらもGoogleやYahoo!のサービスでサービスが提供されています。

リスティング広告と違う点は、検索画面ではなくWebサイトやアプリの中に直接広告が表示されることです。そのため、特定のキーワードに縛られることがありません。自社の商品やサービスを知らない潜在ニーズを持つユーザーにも幅広くアプローチできます。

またディスプレイ広告は、テキストだけでなく画像や動画などで広告を構成することが可能です。ユーザーの目に留まりやすいので、広告で訴えたい内容をより具体的に伝えやすいしょう。

デメリットとしては、興味関心の薄いユーザーにもアプローチするため、CV(コンバージョン)につながりにくいという点です。例えば料金体系がクリック型の場合、クリックだけされて離脱してしまうケースが増えてしまいます。

これだと広告費用だけが増加し、商品の購買やサービス登録にまで到達しないという結果になるのです。

ただ設定次第では、サイト内のコンテンツと関連性の高い広告を掲載でき、自社サイトへ1回以上訪れたことのあるユーザーへのリターゲティングも可能。狙いがサイトへの誘導や商品の周知であれば、十分に目的を達成しているといえるでしょう。

インフィード広告

インフィード広告は、主にWebサイトやアプリのコンテンツ間に設置される広告のことです。コンテンツの外側に掲載され主張の大きいディスプレイ広告とは異なり、より自然な形で掲載されているのが特徴となります。

Webサイトの一部として溶け込んでいるため、広告自体を嫌悪するユーザーへ不快感を与えません。さらにメインコンテンツの間に表示されるので、視認性が高くクリックされやすいメリットもあります。

省スペースで掲載できるという特徴から、モバイル向けサイトやSNSなどで掲載されることが多いです。またディスプレイ広告のように、検索KWや自社サイトへの訪問履歴からリターゲティングもかけられます。

良くも悪くもサイトへ溶け込みやすいので、広告と気付かずクリックしたユーザーが「騙された」と感じてしまうのがデメリット。さらに他のWeb広告よりも、単価が高めに設定されている傾向にあります。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は、ASPと呼ばれる業者を介して自社の広告掲載を依頼するタイプのものです。主にサイト運営者やライターなどが依頼を受け、サイト上に広告を設置します。

他の広告のように、ユーザーへ表示されただけでは広告費用が発生しません。クリックした場合から、サービス登録や商品購入といったCVなど様々な料金体系となります。CVによる課金であれば、無駄な出費を抑えてコスパよく広告出稿できるでしょう。

またアフィリエイト広告は、依頼を受けた側がサイト上へバナーやテキスト広告を掲載することになります。つまりサイト運営者次第で、宣伝効果の高さも変わってくるでしょう。

デメリットとしては、サイト運営者が不正表示や誇大広告を行なっていないかをチェックする必要があることです。通常の広告のように、一度掲載して放置するというわけではないため、手間が増える可能性があります。

アドネットワーク

アドネットワークとはWebメディアやブログ、SNSなどの多数の媒体を集めて形成された「広告配信ネットワーク」から自社の広告を発信する手法です。一括で多数のWebサイトへ広告出稿できるため、より多くのインプレッションを獲得できます。

以前のWeb広告は、一つひとつのサイトに広告掲載を依頼したり、自社の宣伝内容に適した媒体を探す必要がありました。しかしアドネットワークでは、すでに多数のWebサイトが集まったネットワークを利用して広告を発信するため、手間を減らしながらも幅広い宣伝効果が期待できます。

ただし広告主側で媒体を指定できないので、自社のターゲットとは異なるWebサイトに掲載されることもあるでしょう。するとCVまで至らないユーザーが増えてしまい、広告費の増加につながります。しかし認知度アップが目的なら、費用対効果の良い宣伝方法となるはずです。

SNS広告

SNS広告は、その名の通りTwitterやFacebook、InstagramなどのSNSで展開されている広告のことです。タイムライン上に表示される「広告」や「PR」と打ち出されたツイートや呟きなどが同広告にあたります。

SNS広告の良いところは、通常の投稿と同じように広告が配信されること。一見するとプロモーションであることがわかりにくく、ユーザーに悪印象を与えにくいです。さらにワンタッチでリツイートや“いいね”などが可能なため、ユーザーが反応しやすい仕組みとなっています。

つまり広告の反響があると、ユーザー主体で情報が広がっていくでしょう。コストを抑えながらも、高い宣伝効果が期待できます。

しかしSNSは若者が多く利用しているので、トレンドの流れが早いです。ユーザーの興味関心を引くような広告を打ち出すのには、面白い企画や動画などを作る工夫が必要になります。

また匿名性の高さから、反感を買うような内容にしてしまうと悪いイメージが一気に広がってしまうことも。広告を作成する際には、細かい部分にまで気を配らなければなりません。

動画広告

動画広告は、YouTubeなどの動画配信サイトで掲載される広告です。動画を視聴している際に、急に本編と違う映像が流れてくることがありますよね。それが一般的な動画広告となります。

広告の種類としては、動画コンテンツの前後や途中に流れる広告、Webサイトのバナー広告枠などに掲載されるものなど様々です。

動画広告は、映像と音声を駆使して非常に表現力の高い広告を作成できるため、ユーザーの興味関心を引きやすいのがメリット。商品やサービスなどの魅力を、短い時間の中で存分に伝えられます。

デメリットとしてはクオリティが高い分、作成だけで数十万ほどのコストがかかる場合もあることです。さらに動画の再生中に流れる場合、興味関心のないユーザーには離脱されやすい傾向があります。

メールマガジン広告

メールマガジン広告は、登録したユーザーに発信する電子メールに広告を掲載する手法です。インターネットが一般消費者に浸透しだした当初から、利用され続けている広告となります。

メルマガ広告のメリットとしては、ユーザーのレスポンスが早いという点。なぜならメルマガの傾向としてメールの配信直後が最も開封されやすく、時間が経つごとに他のメールで埋もれてしまい見られなくなる特徴があるからです。

効果測定などを実施しやすく、トライアンドエラーを繰り返すことで広告の質を向上しやすいでしょう。

しかしメール自体が開かれなかったり最後まで読まれないケースも多く、インプレッションやクリック率は低い傾向にあります。そして現在ではより利用しやすい様々なネット広告が普及しているため、メルマガ広告が活用される機会は少なくなってきています。

SEO対策で自然検索からの流入

オウンドメディアなどの自社コンテンツを保有しているのであれば、記事の作成といったメディア内のコンテンツ展開で集客を狙うことが可能です。その際に重要となってくるのが、SEO(検索サイト最適化)対策による集客となります。

なぜならGoogleやYahoo!の検索画面で上位に表示されるサイトほど、多くのユーザーの目に留まりやすくアクセスを増やせるからです。

つまり記事などのコンテンツが上位表示されれば、多大な集客効果が期待できます。オウンドメディアで記事を増やし続けることで、価値のあるコンテンツを形として残せるのもメリットと言えるでしょう。また最近では、SNSと連動した集客で相乗効果を見込めます。

しかし自然検索での集客は、作成したコンテンツがGoogleなどの検索サイトに評価されなければなりません。価値のあるコンテンツを発信し充実させるには何ヶ月という期間がかかるため、即効性がない点はデメリットと言えます。

SNSからの流入

最近では、SNSを活用した集客を多くの企業が取り入れています。具体的にはTwitterやFacebook、インスタグラムなどで企業アカウントを作り商品やサービスの宣伝、消費者とのコミュニケーションを図るなど様々なアプローチが可能です。

LINE公式アカウント(旧 LINE@)などにより、ファン層や特定のターゲットに絞ったアプローチなども実施できます。

そしてSNS集客のメリットは、“いいね”やリツイートなどのエンゲージメントによる消費者の情報拡散です。自社の投稿に対してファンがリアクションすることで、その友人や知人のタイムラインにも表示されるようになります。これにより自社の商品やサービスを知らない層へも発信できるのです。

一方で投稿した内容が不適切なものと判断されると、それが悪い噂となって広まりやすいのがデメリットと言えるでしょう。特にフォロワーの数が数千、数万と増えると、必ずといっていいほど否定的なコメントが発生します。

SNSでは消費者との距離が近い分、投稿する内容に気を使い上手く運用することが重要です。

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングは、TwitterなどのSNSやYouTubeなどで多くの登録者・フォロワーをかかえる「インフルエンサー」にPRを依頼する手法です。

インフルエンサーが、動画やツイートなどを通して自社の商品やサービスを利用し感想を述べることで、一定数以上のユーザーへ確実に宣伝できます。

そしてこちらのWeb広告は、インフルエンサー自身が消費者目線となりレビューや口コミを行うので、広告感の強い宣伝に抵抗があるユーザーにも受け入られやすいのがメリットです。

さらに特定の分野に秀でたインフルエンサーを起用することで、「あの人が勧めているなら信用できる」と権威性の高い宣伝を期待できます。例えばファッションへの知識が豊富なYouTuberが「この夏はこの服装がトレンドになる」と商品の紹介をすれば、かなりの訴求力があるはずです。

一方でデメリットとなるのは、投稿される内容がインフルエンサー次第だということ。場合によっては、商品やサービスのイメージ低下につながりかねません。依頼するインフルエンサーの言動や態度などついて、事前にしっかりと確認することも重要になります。

外部サイト・ブログからの流入

第三者からの反響で情報が拡散されるのは、何もSNSだけではありません。外部サイトやブログ、メディアなどで自社の商品やサービスが紹介されれば、そちらからの集客も見込めます。

特に多くのPV数をもつサイトへ掲載されることで、より幅広いユーザーに情報が拡散するでしょう。しかし外部サイトからの自然な流入は、基本的に狙ってできることではありません。

インフルエンサーマーケティングのようにサイトの運営者に紹介記事を依頼する、自社サイトのコンテンツを充実させる、などの対応が必要不可欠です。

ブックマーク、QRコードで直接訪問

直接インターネットから集客する以外にも、アプローチする手段はあります。例えば、スマートフォンの読み取りカメラを活用したQRコード、再度訪問してくれる可能性が高いブックマークからなどです。

QRコードは、バーコードのような模様が印刷されたもの。スマホをかざすだけで、指定されたWebサイトへアクセスできます。これにより、様々な紙媒体からWebへの集客を図ることが可能です。

具体的には、店舗や街頭などで配布されるチラシやパンフレットなど。カメラをかざして出てきたURLをタップするだけなので、ユーザーがストレスを感じずスムーズにアクセスできます。

ただし外出中にアクセスするのは手間だと感じるユーザーも多く、自宅に帰ってからだと忘れてしまいがちなことがネックといえます。クーポン券の発行といったお得な特典と合わせないと、なかなか集客につなげるのは難しいでしょう。

Google Mapからの流入

Webサイトだけでなく店舗や施設、企業などの情報をGoogle Mapに登録することで、集客につなげることもできます。なぜならGoogleの検索結果で表示されるマップ部分でも、上位表示されることでアクセスを増やすことが可能だからです。

これはMEO対策(マップエンジン最適化)と言われる集客方法。具体的にはGoogleマイビジネスに登録し、オーナー確認を済ませることで始められます。

メリットとしては実施する企業がまだまだ少なく、検索の上位表示を狙いやすいことです。特に「地域名」×「企業名・店舗名」などのキーワードでは、通常のWebページよりもMap部分が上位に表示されやすくなるでしょう。

ただしGoogle Mapでは、ユーザーによる口コミやレビューなども反映されることがデメリットとして挙げられます。もし低評価や好ましくない意見が多ければ、企業のイメージダウンにつながりかねないため注意が必要です。

これからの時代「コンテンツを所有」していることが強みになる

これからの時代「コンテンツを所有」していることが強みになる

上記で紹介したように、Web集客は様々な手法が存在しています。以前はテキストやバナーに留まっていたWeb広告も、現在では動画のような表現力が高く、よりユーザーの興味を引くものが主流になりつつあるのです。

そしてどの方法を選ぶかは自社の方針によって異なりますが、いずれにしても今後の集客には自社のコンテンツをもっているか、もっていないかで展開できる幅が大きく変わるはず。

なぜならWeb広告で伝えきれない内容は、自社のコンテンツへ導線を引くことで補完できますし、SNSとの連携や自然検索などでの流入が期待できるからです。Webマーケティングで他社よりも一歩リードするため、早期にオウンドメディアを始めることをおすすめします。

自社に最適なWeb集客を見つける

オウンドメディアの展開はとても重要なことですが、コンテンツが充実するまでにかなりの時間がかかります。そして十分にコンテンツが育っていなくても、活用できるWeb広告はあるものです。

例えば商品やサービスの紹介であれば、インフルエンサーマーケティングから直接的に販売促進やアプリ登録などにつなげられるでしょう。そしてLP(ランディングページ)を作成すれば、様々な広告から導線を引くことで一定の効果を得ることが可能です。

自社の状況によって、最適なWeb集客は異なります。オウンドメディアを始めるにしても「今できる集客」や「今後展開する集客」などを把握しつつ、最適な方法を模索しながらPR展開していきましょう。