QRコードは、集客・販促やブランディング、在庫管理などに使える優れた二次元コードです。しかし、いざQRコードを導入したいと思っても、「どうやって作成できるの?」「効果的な活用方法は?」といった疑問があるのではないでしょうか。そこでこの記事では、QRコードの作成方法から具体的な活用の仕方までわかりやすくご紹介します。ぜひ参考にしてください。

QRコードとは?

QRコードとは?

QRコードとは、QR(Quick Response)という名称の通り、高速読み取りを可能にした新方式の二次元コードのことです。1994年、日本の大手自動車部品メーカーであるデンソー(現・デンソーウェーブ)が部品管理を効率化するために開発しました。

従来のバーコードより多くの情報を格納でき、ユーザーがスマートフォンのカメラで読み取りできるという手軽さや多様なサービスとの連携が可能なことから、現在では世界規格として、日常生活のあらゆる場面で使われています。

QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標ですが、特許はオープンにされており、誰でも無料で使えます。QRコードの大きなメリットは、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末から簡単に読み取り、さまざまな情報に瞬時にアクセスできることです。

QRコードの普及により、紙媒体からWeb媒体への誘導も容易になり、チラシやポスターなどから企業サイトやオウンドメディアへユーザーを呼び込むマーケティング手法も増えてきています。

スマートフォンユーザーの増加に伴い、QRコードは今後ますます需要が伸びることが予想されます。企業サイトやオウンドメディアを運営しているのであれば、QRコードの作成・活用方法はぜひ知っておきましょう。

QRコード作成方法

QRコード作成方法

それではさっそく、QRコードの作成方法についてご紹介します。QRコードを作るのは難しくありません。最近では便利なQRコード作成ツールがいくつもリリースされています。ここでは、その中からおすすめの3つのツールをご紹介します。

クルクル マネージャー

「クルクル マネージャー」は、キャッシュレスサービス事業を手がけるアララ株式会社が提供している無料のQRコード作成ツールです。QRコードに変換したいURLを入力するだけで簡単にQRコードが作成できます。

クルクル マネージャー
クルクル マネージャーでの作成例

QRコードはJPEG、PNG、EPSの3種類の形式でダウンロードでき、画像のサイズや解像度なども指定できるため、チラシやWebサイトなど使用する媒体に応じて最適なものを作成することが可能です。

クルクル マネージャーの最大の特徴は、QRコードの作成だけでなくアクセス解析もできる点です。読み取り回数やユニークユーザー数、読み取り場所をリアルタイムで解析できます。無料会員登録でQRコードの作成から効果測定までを一括管理でき、とても便利なツールです。

QRのススメ

「QRのススメ」は、ITを利用した情報分析事業を手がける株式会社インフォリオが提供している無料のQRコード作成ツールです。変換したいURLを入力するだけでQRコードが簡単に作成できます。

QRのススメ
QRのススメでの作成例

QRのススメの特徴は、作成したQRコードの色や大きさ、デザイン、背景色などをかなり細かく設定できる点です。また、以下のようなURL以外のさまざまな情報もQRコードに変換することができます。

  • 好きなテキストメッセージ
  • スマートフォンに登録できるアドレス帳データ
  • イベント告知の情報
  • 地図情報
  • プレゼント応募などができる自動メール送信の内容

そのほか、複数のURLを一つのQRコードに格納した「おまとめQR」やアクセス集計が可能な短縮URLのQRコード、外国語ユーザー向けの「多言語対応QRコード」なども作成でき、これひとつであらゆる場面に対応可能です。なお、業務用QRコードの作成・管理に特化した有料サービス「スマートQR」も提供しています。

スマホでも簡単QRコード作成

「スマホでも簡単QRコード作成」は、好きなURLやメールアドレス、テキストなどをQRコードに自由に変換できる無料のオンラインツールです。QRコードのサイズは小、中、大、特大の4種類から選べます。

スマホでも簡単QRコード作成
スマホでも簡単QRコード作成での作成例

スマートフォンからでも簡単にQRコードが作成できるように、とてもシンプルで使いやすい設計になっています。スマートフォンで作成したQRコードをチラシやWebサイトに利用したり、スマートフォンにQRコードの画像を保存して名刺代わりに見せたりといった使い方ができます。

QRコードの活用法

QRコードの活用法

QRコードはユーザーに届けたい情報を効果的に配信できる便利なコードであり、日常生活のさまざまな場面で利用されています。QRコードを上手く活用することで、自社商品・サービスの販促やユーザーとの関係性を築くブランディングにも役立てることができます。ここでは、QRコードの7つの活用法についてご紹介します。

名刺にプリント

名刺にQRコードをプリントして自社サイトやSNSアカウントに誘導することで、相手の印象に残りやすく、効果的な自己紹介が可能になります。QRコードですぐにアクセスできるため、サイトのURLを入力したり、SNSのID・アカウントを検索したりする手間も省け、相手の利便性も向上します。

また、QRコードは名刺には掲載できない数多くの情報を相手に伝えるのに役立ちます。例えば、自社商品・サービスの詳細情報や個人・企業の詳しいプロフィール情報、地図情報などです。商談や打ち合わせなどで相手に詳しく話す時間がないときにも、QRコードを使って後から自由に閲覧してもらうことが可能です。

そのほか、ビジネスシーンでは、メルマガ登録フォームや商品のサービスページ(ランディングページ)に誘導し、会員登録や商品購入につなげるパターンも多く見られます。

ECサイトへの導線

チラシやカタログなどの紙媒体にQRコードを記載することで自社ECサイトやネットショッピングサイトなどに誘導し、購入を促進することができます。誘導するページは自社ECサイトやネットショッピングサイトの商品ページのほか、キャンペーンページやクーポン配布ページなども効果的です。

また、懸賞応募・プレゼント応募ページに誘導する使い方も多く見られます。

自社ECサイトやネットショッピングサイトに普段アクセスしない顧客層にもチラシやカタログなどの紙媒体を通してアプローチできるため、顧客の新規開拓につながる可能性もあります。

電子マネー決済

QRコードは、商品ページへの誘導だけでなく、電子マネー決済のひとつとしても利用が広がりつつあります。よく知られているQRコード決済サービスにはPayPay、LINE Pay、楽天ペイなどがあります。

QRコードを使った決済方法には、大きく以下の2通りがあります。

  • 実店舗で提示されたQRコードを読み取り、登録した口座やクレジットカードから送金する方法
  • ユーザーのスマートフォンアプリに表示されたQRコードを実店舗の端末で読み取り、電子マネーなどで支払う方法

ユーザーはスマートフォンがあればいつでも使えることから、急速に利用が拡大しており、今後さらに多くの店舗や企業で導入されると考えられています。EC事業を展開している企業では、ぜひ検討しておきたい活用方法のひとつです。

在庫管理

QRコードが開発された当初の目的である在庫管理においても、もちろんQRコードの活用は効果的です。製品・部品の在庫や入荷・検品、棚卸の管理などは手間がかかるうえ、手動や目視の確認ではミスが生じ、正確な管理が難しいという課題があります。

また、従来のバーコードでは端末での読み取りに時間がかかり、従業員の負担増加につながっている現状もありました。しかし、QRコードは縦横方向に情報を格納しており360度どの向きからでも読み取りが可能であることから、在庫管理の効率も格段に高められます。

さらに、在庫管理システムと連動させることで、リアルタイムの在庫を把握することも可能です。

イベントでの入退場管理

QRコードは、イベントでの入退場管理にも活用されます。これまで、プロスポーツの試合観戦や大手テーマパークの入場、国際映画祭やコンサート会場などの入退場管理に使用されてきた実績があります。インターネット予約時に送信されたQRコードを会場入り口の端末にかざすだけで簡単に入場できる仕組みです。

また、航空会社のANAは、2007年に磁気式航空券を全廃して、QRコードでのチェックインをいち早く取り入れたことでも知られています。現在、新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、非接触の接客システムの需要が高まっていることから、QRコードを使った入退場管理は今後ますます求められることが予想されます。

タイムカード置換

最近では、タイムカードのリアルタイム打刻ができる勤怠管理システムの代わりに、QRコードを使って打刻する新しいアプリなども開発されています。スマートフォンやタブレットで手軽に打刻できるため、パソコン不要で省コストにもつながります。QRコードによる打刻情報を表計算ソフトや給与計算ソフトなどに出力することも可能です。

本格的な勤怠管理システムは導入にかなりコストがかかりますが、QRコードを活用した勤怠管理であれば導入コストはもちろん、月々のランニングコストもかなり抑えることができます。これから勤怠管理を導入する企業は、選択肢のひとつとして検討をおすすめします。

SNSでの情報交換

TwitterやFacebook、LINE、Instagramなどの各種SNSのアカウント情報をQRコードに変換することで、フォローや友達追加が容易になり、SNSでの情報交換やコミュニケーションを促進することができます。最近ではLINEの公式アカウントで情報発信している店舗や企業も多く、SNSの活用次第でビジネスチャンスの創出も可能です。

また、企業が顧客に配布するノベルティグッズにも、顧客に見てほしい情報などをQRコードで貼り付けておくことで、効率的に宣伝することができます。QRコードからスマートフォンアプリのダウンロードに誘導するといった使い方も有効です。

自社にあったQRコードの活用で新たなメディア戦略も

QRコードは、日本が生んだ世界規格の二次元コードであり、いまや私たちの生活に欠かせないものとなっています。この記事でもお伝えした通り、企業サイトやオウンドメディア、自社ECサイトなどのWebメディアの運営担当者にはぜひ知っておいてもらいたい内容です。

QRコードを上手く活用することで、紙媒体とWeb媒体の「クロスメディア」によるマーケティングやブランディングも可能になり、顧客獲得や売上アップなどの成果にもつなげられることが期待されます。この記事を参考にして、自社にあった導入・活用方法を一度考えてみてください。