企業が自社のサイトやブログを更新する際に、Webライターに依頼することも増えています。
Webライターに依頼するメリットは社員がWebサイトの更新に割く時間を減らして本業に集中できるようにするとともに、自社サイトに質の高い文章を掲載できるという点です。
企業が失敗しないためのWebライターへの依頼のポイントをご紹介します。

Webライターとは

Webライターとは

WebライターとはWeb上で依頼を受け、キュレーションサイトやコラムなどを執筆する職業の人のことです。もちろん、本業としてWebライティングを行なっている人もいますが、副業としてWebライターの仕事をしている人も少なくありません。

企業の中でWebライターをしている人もいますが、フリーランスとして企業や個人と取引をしている人もいます。小説家やエッセイストのようなプロでなければできない仕事ではなく、一般の人でも気軽に始めることができます。

そのようなWebライターに依頼するとプロに依頼するよりもコストが安いという点も嬉しいですよね。

WebライティングとSEOライティングの違い

Webライティングとは主にパソコンやスマホなど、各デバイスが読者に合わせて読みやすくした記事のことです。

それに対し、SEOライティングとは検索エンジンに引っかかりやすいようなキーワードを含めた記事のことです。

SEOライティングの中には検索エンジンで上位に位置することを意識しすぎて、不自然なほどキーワードを詰め込みすぎて読者が読みにくいと感じる記事があるのも確かです。

読者が読みやすることと検索エンジンに引っかかりやすくすることのどちらも大切なことなので、WebライターにはWebライティングとSEOライティングの良いところを組み合わせた記事を依頼してください。

初めての依頼でも失敗しないためのポイント

初めての依頼でも失敗しないためのポイント

最近、クラウドソーシングと呼ばれるWebライティングを依頼したい人とWebライターを繋ぐサイトが増えています。このサイトに登録しているライターは非常に多く、ライティングスキルも良質なものから粗雑なものまでピンキリです。場合によっては「失敗した」と思う依頼者もいるでしょう。

初めての依頼でも失敗しないための4つのポイントについてしっかり確認し、どのWebライターに依頼をするかを慎重に決めてください。

プロフィールはしっかり確認

ほとんどのWebライターは自分の文章力や実績、専門分野をしっかりとアピールするためにプロフィールを書いています。

そのプロフィールを見るだけでも、ライターの人柄や得意分野、今まで執筆した記事についての情報を得ることができるので、実績だけを見るのではなくプロフィールからも向き不向きを判断していくべきです。

ポートフォリオで文章の温度感を知る

Webライターは採用率をアップさせるために、自分の過去に執筆した記事をポートフォリオに載せていることもよくあります。このポートフォリオの記事は見本記事は見本記事ではありますが、文章の温度感を知るためにはWebライターの実力や依頼するサイト、記事に文体が合うかどうか事前調査をするためには必要です。

もし、ポートフォリオのないWebライターに依頼する場合には、見本記事としてまずは1記事依頼してみるのもおすすめです。

交渉中の返信頻度も参考に

執筆依頼の交渉依頼で確認しておきたいことのひとつに、交渉中の返信頻度があります。最近のクラウドソーシングには既読機能が付いているものも多いので、メッセージを読むだけ読んで返信を放置しているかどうかがわかります。

メッセージを読んでもなかなか返答がないようなWebライターは、実際に依頼をした後で連絡が取れなくなってしまうこともあります。執筆を依頼する候補が複数いるときには、そういった点も参考にすると良いでしょう。

依頼前に考慮すべきこと

新規のWebライターに依頼する際には、トラブル防止のために依頼者側も色々なことに考慮しなければいけません。

依頼前に最低限考慮したい点についてご紹介します。

納期は事前に相談しながら決定する

執筆前に注意したいこととしては、納期は事前に相談しながら決定するということです。

もちろん、依頼者側が都合の良い納期を提案してWebライターがそれを承諾する、という方法をとっても構いません。念のため、クライアントがいる場合はチェックや修正の時間も必要になるため、余裕をもった納期をWebライターに伝えたほうが安全だと言えます。

記事のテーマに適した人材か確認

Webライターはどんな記事でも執筆可能なことが理想的ですが、もちろんそれぞれ得意分野とそうでない分野があります。得意分野であればWebライターの執筆の速度も早いですが、集めた情報+自分の知識で執筆をするWebライターには、専門知識が必要な難しい内容は執筆にも時間がかかります。

調べるだけで時間がかかる内容では、それだけ納品までの時間が必要だということを意味していて、短納期にすると質が低い記事が納品されたり、読者に知識が乏しいことが伝わり「質の低い内容」と感じさせる記事となるので注意するべきです。

執筆が滞らないようレギュレーションを用意

執筆が滞らないようにするための工夫としては、レギュレーションを用意するなどの工夫をするのもおすすめです。

レギュレーションを用意するメリットとしては、ただWebライターが記事を執筆しやすくするだけではなく、Webライターの執筆する記事が依頼者の方向性と大きくかけ離れないようにするためにも重要です。

また、「この単語はひらがなで書いて欲しい」と思う場合にも、レギュレーションを見てもらえば手直しする必要がなくなります。

そういった意味で、レギュレーションを用意することは一見手間がかかるように思えても、後々依頼者を楽にしてくれるのです。

報酬の確認

Webライターと依頼者の間で交渉する際に大切なこととして、報酬に双方が納得できるかということがあります。例えば、クラウドソーシングでは数千文字で報酬が10円など、Webライターのモチベーションが下がるような報酬で依頼をしているケースもあります。

報酬については事前の確認が必要で、文字単価なのか時間単価なのかということも含めて途中で話が噛み合わなくなってしまうと、依頼そのものが前に進まなくなってしまうことにもなりかねません。

また、依頼者がNGを出しすぎてWebライターの報酬への不満が出てくることもあるので、あらかじめ「修正は何回まで」と決めておくと良いでしょう。

さらに、クラウドソーシングを使うときには手数料が引かれるということを覚えておいてください。依頼をする前に、その手数料はどちらが負担するのかを決めておくことによって、双方が満足するような報酬で取引をすることができます。

記事外注におすすめのクラウドソーシング型サイト

記事外注におすすめのクラウドソーシング型サイト

Webライターに記事外注をする時に依頼者が一番よく使っているのがクラウドソーシング型サイトではないでしょうか。クラウドソーシングサイトとは依頼者と書き手を出会わせてくれるものであるとともに、何かトラブルがあったときのリスク軽減にもなるサイトです。

直接やり取りをしている場合だと、お金を振り込んだのに記事がいつまで経っても納品されず、ついにライターと連絡が取れなくなった、という詐欺に遭うこともあります。しかし、クラウドソーシングサイトを使うことでそれを防ぐことができます。

なぜなら、クラウドソーシングサイトは一時的にお金を預かり、仕事が終わったら手数料を引いた金額の支払いまでを行ってくれるからです。

早速、具体的なクラウドソーシングサイトについて確認してみましょう。

ランサーズ

ランサーズは気軽なブログ記事の作成からシステム開発、事務職のような表作成までの案件が豊富なクラウドソーシングです。クラウドソーシングに登録している人ならランサーズにも登録している人は多いのではないでしょうか。

そのような様々なスキルを販売するランサーズで一番人気があるのがライティングです。

ライティングの分野では主に3つの方法があり、特定のライターを選んで依頼するプロジェクト、内容を見て依頼者を決定するコンペ、低コストで不特定多数から記事が集められるタスクがあります。

この中でおすすめなのはプロジェクトで、他の依頼方法で依頼をしたとしても継続依頼はプロジェクトから行うことになります。

ランサーズは使い勝手が良く、人気のあるクラウドソーシングのひとつです。

クラウドワークス

ランサーズと並んで有名なクラウドソーシングがクラウドワークスです。クラウドワークスは登録者が多いため様々なスキルをもったWebライターが登録していて、企業向けの案件にも特化した知識をもつWebライターが多いという特徴があります。

翻訳なども専門の会社に委託するよりも割安で、テレワークが多い今だからこそ少し手を借りたい依頼者にはちょうど良いと言えます。

ランサーズと同じように、登録しているWebライターは多いので、依頼したい内容に合うスキルをもったWebライターが見つかるはずです。

Shinobiライティング

Shinobiライティングはライティングに特化したクラウドソーシングです。依頼内容がライティングだけであるならWebライターも探しやすいですが、ロゴやホームページ作成なども委託したい場合には他のクラウドソーシングとの使い分けが必要となります。

また、取材込みのライティングも10,000円から行っていて、社員だったらかかるような出張費を別途支払う必要はないので、インタビューや写真も必要な場合には便利です。

EDILENT

EDILENTは2021年2月12日にリリース予定のWebライティング専門のクラウドソーシングです。

まだ新しいクラウドソーシングであるため知名度は低くライターも少ないかもしれませんが、登録者が少ないということは依頼を受けやすいなどWebライター側のメリットも多いので、意外と良いライターに出会うきっかけにもなります。

このような新しいクラウドソーシングでは、過去の実績を確認したり見本記事の提出を依頼することを忘れないでください。

「これぞ!」というライターに出会ったらぜひ継続依頼を

依頼者とWebライターでは相性があり、中には「これぞ!」というライターにクラウドソーシング上で出会える場合もあります。そのようなWebライターに出会うことができたら、ぜひ継続依頼をお願いしてみてください。

継続依頼をしてもらうことによって一定の品質を保ったままWebサイトの運営をしていくことができ、新しいライターを探す手間もなくなるというメリットを得ることができるでしょう。