同一サイト内でページ同士をつなぐ「内部リンク」。内部リンクの最適化は、ユーザーの利便性や検索エンジンのクローラービリティ(巡回のしやすさ)を向上させ、SEO評価も高める効果があります。そこでこの記事では、内部リンクの重要性やサイトの評価を高める内部リンクにするための強化方法や注意点などをご紹介します。

内部リンクもSEO対策のひとつ

内部リンクもSEO対策のひとつ

SEO対策には、内部対策と外部対策の2種類があります。内部リンクは、SEO対策における重要な内部対策のひとつであり、「同一サイト内でページ同士をつなぐリンク」のことを指します。

内部リンクには、以下のような効果があります。

  • ユーザーに有益な情報を提供する(ユーザービリティの向上)
  • 検索エンジンがサイト内を巡回しやすくする(クローラービリティの向上)
  • 検索エンジンに評価されやすいサイト設計にする(内部SEO対策の強化)

以下に、詳しくご説明します。

ページ(記事)同士を結ぶ「道」づくり

まず、内部リンクにはページ(記事)同士を結ぶ「道」としての役割があります。ユーザーが記事を読んでいて「この情報をもっと詳しく知りたい」と思ったときに、関連するページへのリンクがあったらユーザーの満足度も高まり、サイトの使いやすさや利便性(ユーザービリティ)も向上します。

ユーザービリティの高いサイトは、ユーザーに信頼され、何度も繰り返し閲覧されることでリピーターやファンの獲得にもつながりやすくなります。自社サイトやオウンドメディアを運営する目的は、顧客となるユーザーやファンの獲得であることも多いでしょう。Webマーケティングの観点からも、内部リンク対策はとても重要だと言えます。

クローラーがサイト内を巡回しやすくなる

検索エンジンは「クローラー」と呼ばれる巡回プログラムを使ってサイトを定期的に巡回し、リンクをたどって新しいページを順次、検索エンジンにインデックス登録します。

内部リンクが正しく貼られているサイトは、クローラーがサイト内を巡回しやすく、効率的にページを検索エンジンにインデックス登録できるようになります。このとき、クローラーの巡回のしやすさのことを「クローラービリティ」と呼びます。

内部リンクが正しく貼られていなかったり、リンク切れになっていたりすると、クローラーが正しくサイト内を巡回できないため、記事を公開してもクローラーに発見されず、いつまで経っても検索エンジンにインデックス登録されないという状況が起こり得ます。

そればかりでなく、サイト全体のクローラービリティが低下するため、検索エンジンから「このサイトは構造が最適化されていない」という評価を受け、検索順位が下がりやすくなります。クローラービリティを向上し、検索エンジンから高く評価されるためにも、内部リンクは重要なSEO対策のひとつです。

読者の滞在時間が長くなる

内部リンクが最適化されているサイトは、ユーザーがサイト内の関連ページを閲覧しやすいため、滞在時間が自然と長くなります。滞在時間が長いと、ユーザーの疑問や悩みに対して解決策を提示している良質なページとして評価されやすく、検索順位も上がりやすくなります。

一方で、ユーザーの滞在時間が短いと、記事の中身が薄かったり、ユーザーが求めている情報とズレがあったりするため、価値の低いページとして評価される傾向が強くなります。このように、内部リンクの最適化は、ユーザーにとっても検索エンジンにとっても評価される質の高いサイトづくりの第一歩と言えるでしょう。

内部リンクがあることで被リンクと同等の評価を得られる

一般的に「質の高いページからのリンク」(被リンク)を多く受けるほど、検索エンジンからの評価が高まり、検索順位が上がることが知られています。これは内部リンクにおいても同じです。

例えば、サイト内の関連性の高いページから多くの内部リンクが貼られているページは外部リンク(被リンク)を多く受けているのと同等の評価が得られ、検索順位にもプラスの影響を与えます。

また、内部リンクでサイト内の多くのページがリンクできるというのは、関連性の高いページが多く存在している証拠です。正しく貼られた内部リンクが多ければ多いほど、ひとつのテーマに対して関連性の高いページが集約されている専門性のあるサイトとして認識されやすく、その結果、検索エンジンからの評価も高まります。

内部リンクの種類

内部リンクの種類

内部リンクにはいくつかの種類があります。ここでは主要な内部リンクであるグローバルメニュー、パンくずリスト、ナビゲーションメニュー、関連ページへのリンクについて、特徴や違いなどをご説明します。

グローバルメニュー

グローバルメニューは、主にサイトの上部に設置される、ほぼすべてのページに共通して表示されるメニューのことです。サイトタイトルの横やすぐ下に設置されることが多く、モバイルサイトでは折りたたまれた形で表示され、ハンバーガーメニューとも呼ばれます。

グローバルメニューは、サイト全体にとって主要なページへの内部リンクを設置することが多いです。例えば、コーポレートサイトなら事業内容や会社概要・お問い合わせページなど、オウンドメディアなら主要なカテゴリーや人気記事・資料請求ページなどへのリンクがこれに該当します。

グローバルメニューは、サイトを閲覧したユーザーや検索エンジンのクローラーがサイト全体の構成を理解するのに役立ちます。

パンくずリスト

パンくずリストは、サイトの上部または下部に表示される、ページの階層を表す内部リンクのことです。現在閲覧しているページがどのカテゴリーやページに属しているのかを一目で把握できるもので、ユーザーが同じカテゴリーの関連ページや上層カテゴリーなどにスムーズにアクセスするのを助けます。

また、検索エンジンのクローラーにもサイト構成やページのつながりを伝えることができるため、クローラービリティの向上につながり、SEO効果も高まります。

パンくずリストは、階層を正しく表記しなければならず、省略すると利便性が低下するので注意が必要です。

パンくずリストの書き方

良い例

HOME > カテゴリー名 > 記事タイトル

悪い例

HOME > 記事タイトル

(カテゴリーの省略は利便性が低下するのでNG)

ナビゲーションメニュー

ナビゲーションメニューは、サイトにとって重要なページ(メインコンテンツ)にユーザーが迷うことなくたどり着くために設置するメニューのことです。グローバルメニューと同様に扱われることも多く、サイト上部やサイドバー上部などに、サイト全体のカテゴリー一覧や特集記事・資料請求ページなどへの内部リンクを見やすく設置します。

カテゴリー一覧を見やすくするためには、メインカテゴリーとサブカテゴリ―の階層がわかるようにドロップダウンメニューやメガメニューなどを用いるのも効果的です。

関連ページへのリンク

関連ページへのリンクは、記事の本文中やページの最後に設置される、関連性の高いページへのリンクのことで、最も多く使用される内部リンクのひとつです。

例えば、本文中にユーザーがさらに知りたい情報をまとめた別ページへのアンカーテキストを貼ったり、記事下に「関連記事一覧」としてリスト形式で表示させたりします。ユーザーの閲覧を妨げず、自然な形で配置するのがポイントです。

上記に挙げた内部リンクのほかに、フッターメニューやサイドメニューなども内部リンクに該当します。SEOに強いサイトを設計するためにも、これらの内部リンクを最適化することが重要です。

内部リンクの強化方法と注意点

内部リンクの強化方法と注意点

それでは、ユーザービリティや検索エンジンのクローラービリティを高める効果的な内部リンクの貼り方についてご紹介します。それぞれの強化方法と注意点があるので、ひとつずつ確認しながら対策してください。

関連性のあるページへリンクする

まず、内部リンクは必ず関連性の高いページへのリンクを貼りましょう。特に本文中に設置する内部リンク(アンカーテキスト)は、関連性があり質の高いページ(内容をさらに深堀するページや補足するページなど)に貼ることでユーザーの利便性や満足度が高まります。

関連性の高いページ同士がお互いにリンクすることで、サイト全体が特定のテーマや話題に対して専門性の高いサイトだと評価されやすく、検索順位の向上にもつながります。一方で、無関係なページへのリンクはユーザービリティを低下させるだけでなく、検索エンジンの評価も下げてしまうため厳禁です。

良質記事からリンクする

内部リンクを最適化するポイントは、質の高いページ(コンテンツ)を多く作成することです。いくら関連性の高いページ同士をリンクさせても、それぞれが低品質なページでは内部リンクは効果がありません。

内部リンクによるSEO効果を最大化するためには、ユーザーの満足度を高める良質な記事を増やして、お互いにリンクさせることで、サイト内に良質な内部リンクが張り巡らされた状態にすることが重要です。

内部リンク対策をするときは、リンクの設置だけでなく、リンク元やリンク先のページがどれだけユーザーの疑問や悩みに対して解決策を提示できているかという中身をよくチェックするようにしましょう。

アンカーテキストで最適化

本文中の内部リンクはできるだけシンプルなアンカーテキストで最適化することをおすすめします。過度な装飾はユーザーの閲覧を妨げ、好まれない傾向が強いからです。アンカーテキストを設置するときは、テキストの中に上位表示を狙うキーワードも含めておくとSEO効果も高まります。

ただし、キーワードの詰め込み過ぎは逆効果なので注意しましょう。内部リンク対策で重要なのは、自然な形で本文中に配置することです。

記事を読んでいるユーザーがさらに興味を持って読みたくなる箇所に、有益な情報への内部リンクをわかりやすいテキストで表示させることで、違和感なくページ同士を行き来でき、快適なユーザー体験を提供することができるようになります。

ユーザーから「有益なサイトだ」と評価されると、他のサイトやSNSなどで紹介されたり拡散されたりしやすくなります。そうすることで、さらに自然な被リンクを集められるため、検索エンジンからの評価も高められます。

また、必要に応じて画像リンクを貼る場合は、alt設定にキーワードを含めたテキストを設定しておくと良いでしょう。

アンカーテキストを設定する際の注意点
  • ユーザーが知っておいたほうが良い有益な情報へのアンカーテキストを貼る
  • SEOキーワードも自然な形で含める(キーワードの詰め込み過ぎには注意)
  • 適度な文字数でユーザーにとって見やすい・わかりやすい文章で書く
  • 画像リンクの場合は“alt”設定にテキストを設定する
    <img src=”xxx.jpg” alt=”内部リンクのテキスト”>
  • アンカーテキストだと判別できる色で設定する(一般的には青色、本文と同じ色は見分けがつかないため避ける)

内部リンクの数は控えめに

内部リンクの数は何個までとはっきりした上限があるわけではありません。しかし、大量に貼りすぎるとスパムと判断されかねないため、ユーザーに不要なリンクは避けましょう。

内部リンクで大切なのは、ユーザーに有益なリンクを必要な数だけ貼ることです。本当に必要なリンクはひとつの見出しに対して1~2個程度であり、多くのリンクが必要であるということはコンテンツの中身が整理されていない証拠です。

例えば、以下のようなページ構成になっていると、良い内部リンクと言えます。

ページA
記事タイトル「内部リンクの重要性と貼り方」
見出し1「内部リンクはユーザービリティを高める」
⇒ 本文中に「ページB」への内部リンクを設置
見出し2「内部リンクを最適化するとSEO効果も高まる」
⇒ 本文中に「ページC」への内部リンクを設置
見出し3「内部リンクはユーザーにわかりやすいアンカーテキストで設置する」
⇒ 本文中に「ページD」へ内部リンクを設置
記事まとめ 
ページB
記事タイトル「ユーザービリティを高める内部リンクを貼る3つのコツ」
見出し1「コツその1 〇〇〇」
見出し2「コツその2 △△△」
見出し3「コツその3 □□□」
記事まとめ 
ページC
記事タイトル「検索順位アップにつながりやすい内部リンクを貼る3つの方法」
見出し1「方法その1 〇〇〇」
見出し2「方法その2 △△△」
見出し3「方法その3 □□□」
記事まとめ 
ページD
記事タイトル「内部リンクのアンカーテキストで押さえておきたい3つのポイント」
見出し1「ポイントその1 〇〇〇」
見出し2「ポイントその2 △△△」
見出し3「ポイントその3 □□□」
記事まとめ 

上記の例では、ページAのひとつの見出しから1個ずつ最も関連性の高いページ(B・C・D)への内部リンクが送られているため、ユーザーにとって知りたい情報が網羅されており、検索エンジンからも質の高いページと評価されやすくなります。

リンク切れにも注意を

内部リンクは、常にリンク切れがないかどうかをチェックしておくことが必要です。リンク切れが起こると404エラーページが表示され、ユーザービリティを低下させたり、ユーザーに不快感を与えたりする恐れがあります。また、リンク切れは検索エンジンのクローラービリティも妨げるため、検索順位の低下にもつながりかねません。

オンラインのリンク切れチェックツールやリンク切れを自動チェックしてくれるWordPressプラグインなどもあるので、オウンドメディアを運営しているのであればぜひ導入してリスク削減を図りましょう。

評価を上げたいページの内部リンク強化

評価を上げたいページの内部リンクを強化するためには、あらかじめ戦略や計画を立てて取り組む必要があります。例えば、先ほどの事例のように、ひとつのページ(ページA)から他のページ(ページB・C・D)に内部リンクを送った場合、ページAの評価を上げるためには、ページB・C・Dの質を高めることが重要です。

仮にページAが狙っているビッグキーワードでなかなか検索順位が上がらない場合も、ページB・C・Dがロングテールキーワードでそれぞれ上位表示できれば、ページAの検索エンジンからの評価も高まり、ビッグキーワードでの検索順位アップにつながる可能性もあります。

内部リンクを活用するポイントは、コンテンツの質にあります。ユーザーの知りたい情報をわかりやすく網羅した質の高いコンテンツをいかに増やしていくかが大切です。

Googleサーチコンソールを使用した内部リンクの確認方法

Googleサーチコンソールを使用すると、サイトの内部リンクの状況が確認できます。確認する方法は、Googleサーチコンソールにログインし、左メニューの中にある「リンク」(下のほうにあります)をクリックするだけです。すると、サイト内で内部リンクが多くリンクされているページが上位から順に表示されます。

Google サーチコンソール 内部リンク調査
Google サーチコンソールで内部リンクを調べる

どれぐらい内部リンクが貼られているかが一目でわかるため、検索エンジンで上位表示させたいページのリンク強化にも活用できます。

クローラーと読者の目線から内部リンクを改善

内部リンクの最適化は、クローラーのサイト内の巡回のしやすさを向上し、ユーザー(読者)の利便性や快適性を高めるために重要な対策です。この記事でご紹介した改善方法や注意点などを参考にしながら、クローラーと読者の目線に立った効果的な内部リンクを設定しましょう。

また、内部リンクの改善とともに質の高いコンテンツを準備することがSEO対策の観点からも肝要です。コンテンツの質に気を配りながら、正しい内部リンク対策を行ってください。